右翼が1人もいない国はネット右翼的には日本だそうです。 | 夏炉冬扇の長袖者の尉のブログ

夏炉冬扇の長袖者の尉のブログ

ネトウヨのコメントはお断りしています、してきても絶対に公開しません、即座にブロックします。ネトウヨによる記事の転載も禁止します。

 ネット右翼は自分たちのことを右翼てあるとは認めません、世界レベルで言えば自分たちは中道であるとしています。

 政治勢力の色分けで言えば、岸田文雄、河野太郎、石破茂は左翼で、公明党、立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党は一括して反日極左であり、安倍晋三と高市早苗と自分たちは中道であるとなっているのです。

 それどころか、ネット右翼が一般人に対して絶対的臣従を求める皇室に対してすら、上皇も天皇も秋篠宮も、自分たちが不満を持つ言動をすれば、その瞬間に左翼認定です。

 独占資本の牙城である財界に対しても、中国や韓国との貿易を求めて、断交に反対しているから左翼だとしています。

 右翼が皆無で、中道は自分たちと、自分たちが支持できる政治家だけ、あとはみんな左翼か反日極左になっているわけで、そのバランスのおかしさを指摘すると、日本は社会全体が左に寄り過ぎているから、世界基準でいうところの右翼は存在せず、自分たちが中道なのだとネット右翼は言うのです。

 誰が見ても最も右に寄っている、極右が中道になるネット右翼による区分では、この国に右翼は1人もいなくなり、大半が左翼か反日極左で、中道が少数派として存在することになります、こんな考え方ですから、下のような記事が当たり前のように出て来るのです。