菅義偉政権を支持する多数の国民はなにを考えているのか。 | 夏炉冬扇の長袖者の尉のブログ

夏炉冬扇の長袖者の尉のブログ

ネトウヨのコメントはお断りしています、してきても絶対に公開しません、即座にブロックします。ネトウヨによる記事の転載も禁止します。

 菅義偉内閣が発足しましすが、安倍政権末期の高支持率をそのまま継承して、国民からの支持は高いと言われています。

 菅氏といえば、悪い性格がモロに出ている、傲慢無礼な官房長官記者会見の姿が先ず思い浮かびます。東京新聞の望月記者を苛めて都合の悪いことには答えない、安倍晋三総理の不始末や疑惑は徹底して隠す、官僚の人事権を武器にして、忖度をして疑惑隠しに奔走する官僚は出世させる、良いことなどなにひとつやっていない印象があって、安倍政権の悪事を一人で担ってきたといった感じです。


 自民党内で菅義偉氏の票が多く出たのは、派閥の談合で早々と決まってしまい、みんなが勝ち馬に乗ろうとしたからと言われていますが、ポストが欲しい政治家であれば当然そうなるのでしょうが、自民党からの利権の配分などなにもない国民が競うようにして、菅義偉氏という勝馬に乗るというのはいったいどういう感覚なのかと思います。

 菅氏は明確に安倍政権がやってきたことを継承すると言っています、悪事の継承に他ならないわけですが、疑惑塗れの安倍政権の継承を歓迎するというのも変な話です、菅氏は総理になる前から、モリカケ問題を見直す気はない、さくらを見る会も真相の解明もしない、アベノマスクや事業継続給付金の疑惑もやるつもりがないとしていますが、国民はそれで良いと認めてしまっているのです。その一方で、政治家と同じように勝ち馬に乗ろうとする、日本国民の甚だしい劣化と断言して良い状況になってきています。