トランプ政権は安倍政権の延命のために拉致問題を米朝会談で取り上げることに気が付くべき。 | 天才伊藤浩士先生の末の世の憂鬱ブログ

天才伊藤浩士先生の末の世の憂鬱ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
 アメリカのトランプ大統領という人は、政治家をやってきた人ではないので、ツイッターでの暴言といったかたちで本音が出て来る人なのですが、安倍晋三氏との会談でもうっかりの本音が出てしまっています。    

 「拉致問題というのは、私にとってとても重要な問題だ。それは安倍首相にとって重要な問題だからだ。拉致被害者が帰国できるように最大限の努力をする」

「安倍首相はこの件について長い時間をかけ、情熱的に語った。私は安倍首相のこうした願望を受け、北朝鮮とこの件について必ず協議する」

 といった発言が日米首脳会談のあとで出てきています。正直と言えば正直な発言です。

 日本の外務省の建て前からすれば、拉致問題は世界最大の人権問題であるから、北朝鮮との会談の際には、どこの国の首脳であろうがこの問題を最優先に掲げて人権を守る視点から北朝鮮を非難せねばならない、ということになっています。

 ベテランの政治家であれば重要な人権問題だから、人権外交の立場から金正恩委員長との会談では取り上げますと言っていたはずですが、それが素人丸出しすで、安倍が熱心だから協議する、安倍にとっては重要な問題だから私にとっても重要だから努力をするとトランプ氏は言っています。

 Jアラートも鳴らせなくなり、小笠原に密漁船もやってこなくなった状況では、拉致を言い続けることだけが安倍政権にとっては、唯一の支持率の回復策になってきています。新潟知事選で池田氏が過去に、拉致は無い捏造事件だという記事を月間社会民主に書いたとするデマを流したのも、唯一の支持率の回復策になっている拉致問題の安倍政権による使用例だといえます。

 トランプ氏にしてみれば、なんでも自分の言いなりになる安倍氏はとても都合の良い存在です、いくらでも利用できます、巨額の武器を買わせることもできます、新しい基地を作らせることもできます、関税を引き上げても文句は言いません、在日米軍の犯罪は見てみぬふりをしてくれます、属国の首長に据えておくには絶好の存在であるといえます。

 拉致は安倍氏にとっては内閣支持率の命綱的なものになっていて、米朝会談ではなにがなんでも取り上げてもらいたい願望を持っているから必ず協議します、とトランプ氏は言っているのです。

 人権問題として重要なのではなくて、安倍政権の存続のために重要だから北朝鮮との会談で協議しますと言っているわけで、政治家としては素人である意味正直者のトランプ氏の口から、安倍氏による拉致問題の政治利用の現実が露骨に語られているのです。

 このトランプ氏の発言から、安倍政権の延命のためにトランプ氏が拉致問題を取り上げようとしている事実を見なければ駄目なのですが、拉致問題解決のために安倍氏が頑張っているとしか見ない国民が多いことは間違いないようであり、日本国民は今回もまんまと安倍氏とマスコミによって騙されるに違いありません。


 記事に賛同の方は下のバナーをクリックして下さい。
 賛同できなかった人も読んだのですからクリックして行って下さい。


huyunohi1684さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。