大阪府吹田市の万博記念公園で30日、世界の被災地の子供たちの笑顔をプリントした傘100本を太陽の塔の前に並べるイベントが開かれた。

 アートディレクターの水谷考次さん(59)が、阪神大震災で被災した神戸や中国・四川省などで撮影し、関西の大学生らと企画。会場には、被災にめげず明るく暮らす子供たちの笑顔が並んだ。参加した大阪大4年の東裕子さん(22)は「希望にあふれた笑顔で世界をつなぎたい」と話していた。

【関連記事】
大阪エキスポランド跡地のプール 今夏限定復活
40年前の輝く「大海」再び 万博公園・心字池を浚渫
元万博ホステスが同窓会 40年ぶり、話題は尽きず
万博公園運営権「大阪府へ移譲」の判定 事業仕分け
丘染めるポピー32万本 万博記念公園
iPadが上陸

桂春団治さん 体調不良で検査入院(毎日新聞)
対北制裁措置を決定=送金報告基準を引き下げ―政府(時事通信)
<交通事故>保育園のワゴン車が衝突 園児ら10人病院へ(毎日新聞)
下校途中の中1、踏切で列車にはねられ死亡(読売新聞)
<事業仕分け>「各省版」スタート 政務三役の「通信簿」(毎日新聞)