【ふわ猫マッシュ】

誕生日:2002年11月ごろ

性別:男子

種別:ミックス

趣味:お昼寝、お客様(宅配便屋さん等含)や召使のお出迎え

好きなもの:お刺身、ねこ草、ヒモタイプのねこじゃらし

好きなこと:召使の腕枕で寝ること


【とら猫そらこ】

誕生日:2005年7月ごろ

性別:女子

種別:ミックス

趣味:お昼寝、ごはんを食べること

好きなもの:食事全般(お刺身以外)、ねこじゃらし全般

好きなこと:召使にお尻を叩いてもらうこと



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-30 23:52:44

その後のそらこともんちゃん。

テーマ:そらこ&もん

 

 

先日、ブログを読んでくれたという知人から

「その後、そらこちゃんともんちゃんはどう?」と尋ねられました。
 
 
 
暑さと忙しさにかまけ、
その後の様子をお知らせしておらず、失礼いたしました。
 
そらこともんちゃんは、
その後は取っ組み合いの大ゲンカはしていないです。

きっと、外の世界では
そらこのような箱入り娘はひ弱な存在で
ヒエラルキーの最下層に位置するのではないかと思います。
 
でも、この家の中では、そらこが先輩です。
 
 
 
大ゲンカをして、わたしにこっぴどく叱られたせいか
もんちゃんは、この家での立ち位置を理解したようです。
 
もんちゃんは、そらこに配慮した行動をとるようになりました。
 
たとえば、先日の朝のことです。
 
その日、そらこは夫のベッドの上で、
もんちゃんは1階のリビングで寝ていました。
 
明け方になり、もんちゃんはひとりで寝ているのが
ちょっと寂しくなったようです。
 
哀しそうな声で鳴きながら階段をのぼり、寝室の前までやってきました。
 
普段はまっすぐわたしのベッドにやって来るのですが
その日は隣のベッドにそらこがいました。
 
そらこにちょっと強めの声で鳴かれたため、
もんちゃんは寝室のドアの前で、じっと座っていました。
 
少し時間がたち、そらこが眠りはじめると
もんちゃんは体を低くして、ソロリソロリと部屋に入ってきました。
 
もんちゃんなりに、精いっぱい、目立たないような感じで
歩いていたつもりだと思うのですが、
どこからどう見ても丸見えでした(笑)。
 
もんちゃんは、
わたしのベッドの下からそらこの様子をうかがうと
ようやく、ベッドの上にのってきました。
 
 
 
はじめのころは、1フロアにつき1猫、みたいな感じで
主に1階はもんちゃん、2階はそらこの領域になっており
自分の階に相手が来ると、それだけでケンカになりそうでした。
 
その後は、別々の部屋にいれば、同じ階にいても大丈夫になり
最近は、ある程度の距離感があれば、同じ部屋で過ごせるようになりました。

亡きマッシュをはじめ
うちの猫たちは、なぜかお風呂場で水を飲みたがるため
お風呂場に専用の洗面器を置いています。
 
でも、水飲みでそらこともんちゃんがトラブルことが多かったので
2階にそらこのごはん&水飲み場を作りました。
 
もんちゃんは、なぜか2階で水を飲みたがり
先日は、そらこがごはんを食べている隣で、
もんちゃんがお水を飲んでいました。
 

取っ組み合いのケンカをしたふたりが
ここまで近づくことができて、ちょっと泣きそうになりました。
 
なにかの拍子で時々、強めの声で鳴きあったりすることはあるのですが……
 
以前にくらべれば、だいぶ、距離感が縮まっています。
 
これからも、そらこともんちゃんを
温かく見守っていただけたら、とてもうれしいです。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2017-08-01 23:12:26

そらこともんちゃん、対面しました。

テーマ:そらこ&もん
もんちゃんと暮らしはじめてから
もうすぐ3ヵ月です。
 
 
ようやく、いろいろと準備が整ったので、
7月の中旬にそらこともんちゃんが初対面しました。
 
もんちゃんは野良生活が長く、
その間にいろいろな猫さんと交流があったはずです。
 
元ノラ猫とは思えないほど、おとなしくて甘えん坊な性格なので
きっと、そらことうまくやれるだろうなぁと思っていました。
 
心配だったのは、そらこです。
 
そらこは赤ちゃんのときに、
母猫さん&8匹姉妹として保護され、大切に育てられていました。
 
うちの猫になってからは
兄のような存在のマッシュに庇護されて暮らしていました。

母猫さんと8匹姉妹とマッシュ以外の猫のことは知りませんし
もちろん、外で暮らしたこともありません。
 
まさに、箱入り娘です。
うちがお金持ちだったならば、深窓の令嬢です。
 
 
このような理由から、
そらこがもんちゃんになじめるかどうか、すごく心配でした。

初対面のときには、
一時的にもんちゃんにゲージに入ってもらい
その部屋にそらこを連れてきました。
 
初めてもんちゃんを見たそらこは、
目をまん丸にして、猛ダッシュで二階へ逃げてしまいました。
 
その後、もんちゃんをゲージから出して
家の中を自由に歩いてもらうことにしました。
 
自分のいる部屋にもんちゃんが入ってくると
そらこはウーウーと唸り、シャーシャーと威嚇し、
もんちゃんはすごすごと退散しました。
 
しばらくしてから、
抱っこしたもんちゃんをそらこにゆっくり近づけてみると
自分からもんちゃんに鼻チュウをしました。
 
もんちゃんを床におろして様子をみていると
そらこは自分からもんちゃんに近づいて、
ニオイを嗅いだり、体をこすりつけたりしていました。
 
そらこは、予想外にフレンドリーな態度をとってくれました。
 
ただ、もんちゃんは一筋縄ではいきませんでした。
 
そらこがフレンドリーに接しようとすると
唸ったり威嚇したりするようになってしまったのです。
 
特に、自分が甘えたいモードのときに
わたしがそらこをかまっているのが気に入らないらしく
すごく怖い声で唸ります。
 
夫は小さなころから何匹もの猫と暮らしていて
多頭飼いにも慣れているそうです。
 
「この家の中で、もんちゃんは新参者だから
自分の存在を一生懸命主張してるんだよ。
慣れれればそらちゃんともうまくやれるから、大丈夫だよ」
と言われていたのですが
唸っている姿を見ると、すごく焦ってしまいます。
 
そうこうするうちに、もんちゃんに唸ったり威嚇をされると
そらこもケンカ腰の態度をとるようになってしまいました。
 
わたしが見ているところで、ウーウー、シャーシャーがはじまったときには
比較的、落ち着いているほうを別の部屋に移動したりしていたのですが
一触即発の状態が増え、
先週の金曜日の夜、ついに大ゲンカに発展してしまいました。
 
二階の廊下でそらこが悲鳴をあげているのですが
二匹で取っ組み合っているので下手に手出しはできず。
夫も不在だったので、どうしていいかわからず。
 
「猫のケンカには水をかけるのがいいと聞いたことがあるけど
今から水を汲んできて間に合うだろうか」とか
「水の代わりに、部屋にあるスポーツドリンクでもいいだろうか」とか
「水をぶちまけると掃除が大変だから、手でかけてみいいだろうか」とか
しょうもないことばかりが頭に浮かび
ひとりでテンパりまくっているうちに
そらこがすごい勢いで走ってきて、わたしの仕事部屋へ逃げ込みました。
 
もんちゃんはだいぶ興奮状態でしたが、
触っても大丈夫そうな雰囲気だったので、
リビングに連れて行って、部屋の中に閉じ込めました。
 
二階に戻ると、そらこは寝室のベッドの下の隅っこのほうで
小さくなって震えていました。
床には失禁の跡がありました。
 
そらこは生まれてからずっと、大切に育てられてきて
取っ組み合いのケンカなどとは無縁の生活だったので
どんなに怖かったろうと思います。
 
とっておきのおやつをあげたり
大好きなお尻ポンポンをしているうちに
多少は落ち着いたようで、ベッドの下から出てきてくれました。
 
そらこを抱っこして、何度も何度も謝りました。
 
そらこは7月で12歳になりました。
今までも、これからも、のんびりと暮らしていくはずだったのに
こんなに怖い思いをさせてしまって、本当に申し訳なく思いました。
 
一見、おっとりしているように見えるもんちゃんですが、
実は、とても賢い一面があります。
 
 
自分がマズイことをしたとわかっているらしく
一階のリビングのテーブルの下で神妙な顔をしていました。
 
もんちゃんには、
わたしとそらこの関係とか
そらこの性格とか、
そらこがひどくショックを受けていることなどを
淡々と話しました。
 
すごく悲しいことなのですが、
もしも、今後も大ゲンカが続く場合は
もんちゃんが暮らしていた園芸屋さんにお返しして、
野良生活に戻ってもらうことも考えないといけない、
ということも話しました。
 
さらに、天国にいるマッシュにも、いろいろと愚痴ってしまいました。
 
普段はもんちゃんをひいきしている夫も
帰宅後、いろいろと言い聞かせていたようです。
 
もんちゃんは、よほどこたえたらしく
その日の夜はひとりでおとなしく眠り、翌朝も元気がありませんでした。
 
わたしはその日、仕事に出かけたのですが
帰宅しても、まだ、もんちゃんはしょんぼりしていました。
夫いわく、ごはんもほとんど食べていなかったそうです。
 
あまりにも落ち込んでいるので、かわいそうになってしまいました。
 
抱っこしてひざの上にのせて
「もんちゃんがうちに来てくれて、本当にうれしかったんだよ」
「もんちゃんも大事な猫なんだよ」
「みんなもんちゃんが大好きだから、安心して暮らしていいんだよ」
と声をかけたところ、
ようやく、いつものもんちゃんに戻ってくれました。
 
大ゲンカ以来、そらこともんちゃんは、
お互いの距離感を少しつかんだようです。
 
この数日は、唸ったり威嚇したりすることもなく
平穏に過ごしています。
 
ちなみに、大ゲンカしていた場所を見たところ
そらこの抜け毛が大半だったのですが
もんちゃんの白い毛もチラホラとあり、
さらに、もんちゃんの首輪も発見しました。
 
箱入り娘のそらこも、それなりに健闘したようです。
 
 
 
わたしは、↓の写真のような感じで
マッシュとそらこが寄り添っている姿を見るのがとても好きでした。
 
 
 
 
 
なので、そらこともんちゃんにも仲良くしてもらいたいと思っていたのですが
もう、ぜいたくは言いません。
 
そらこももんちゃんも、お互いにストレスを感じることなく
家の中でうまく共存していって欲しいなあと切実に願っています。
 
なんだか、もんちゃんを下げるような内容になってしまったので
最後に、わたしが気に入っているもんちゃんの写真をご紹介させてください。
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2017-06-23 12:20:25

あらためまして、もんちゃんです。

テーマ:そらこ&もん

先日は、もんちゃんを温かく迎えていただいて
どうもありがとうございます。



ブログを読んだ夫から
「もんちゃん、もっとかわいい写真があるのに……」と
まさかのクレームが寄せられました(苦笑)。




あらためまして、かわいい感じのお写真をまじえつつ

もんちゃんの紹介をさせてください。

●名前 もん

●性別 男子

●年齢 5歳(推定)

●体重 3.84キロ(2017年6月現在)


もんちゃんは、ちょっとばかり毛が長いので
体が大きく見えるのですが、
実はやせっぽっちで、体重はすごく軽いです。

マッシュももんちゃんと同様、
大きく見える割にはやせっぽっちだったのですが
それでも、体重は4.6キロ前後を維持していました。

マッシュとそらこは、病院で購入するカリカリが主食だったので
もんちゃんにも同じカリカリを食べてもらいたいとは思っているものの
いまひとつ食いつきが悪く・・・。

今は、体重を増やすことを一番に考えようと思い
パウチや缶詰など、いろいろなごはんを試しています。

ふくふくの猫になるように

なんとか4キロ台後半までもっていきたいです。



ごはんに関しては、ひとつ、うれしいことがありました。

マッシュはマグロのお刺身が大好物だったので
安く入手したものをひと口大に切り、
1回分ずつ小分けにして冷凍していました。

そらこはお刺身に興味がないので

マッシュがいなくなってからというもの、
マグロのお刺身は冷凍庫の中に眠ったままでした。

試しにもんちゃんにマグロのお刺身をあげてみたところ
ものすごい勢いで食いついてくれて、うれしかったです。

ただ、その直後に盛大にリバースをしました。

きっと、ノラ生活では、
おいしいものは早く食べないと盗られてしまうのでしょう。

もんちゃんはお刺身を丸飲みしたようです。

次にあげたときには
「誰も盗らないから、ゆっくり食べていいんだよ」と
声をかけてみたのですが、
やっぱり丸飲みして吐いてしまいました。

それ以来、マグロのお刺身を包丁でたたいてから
あげています。

たたきにしてからは戻さずに食べているので、ひと安心です。



もんちゃんの目は、右目が青、左目が金色のオッドアイです。

右目の調子がなかなか治らず、毎日、目薬をがんばっています。

夫もわたしも猫との暮らしが割と長いのですが
もんちゃんは、今までの猫たちとくらべると、
動きや反応がちょっとゆっくり過ぎるように感じています。

こんなにマイペースで、おとなしくてゆっくりな性格で、
よく過酷なノラ生活を生き抜いてこれたなぁと思ってしまいます。

もしかしたら、目が悪いのかもしれないですし、
聴覚や嗅覚になんらかの障害があるのかもしれません。

でも、もんちゃんは、もんちゃんです。

うちの中で暮らす分には、ちょっとくらいどこかが悪かったとしても
なんの問題もないです。





それから、そらこの近況も少しばかり。



ちょっと前まで、そらこはわたしの枕の上で寝ていたのですが
最近は、夫の枕の横にねぐらを変えたようです。

その代わりのつもりなのか
日中はわたしのパソコンの左側でくつろいでいます。

仕事でパソコンに向かうと、わたしの左手首に頭をのせて
気持ち良さそうに眠ります。

わたしは集中力が続かないことが多く、
しょっちゅう、お菓子を食べにリビングに行きたくなってしまいます。


でも、近ごろは、そらこを起こすのがかわいそうで
「そろそろ休憩したいなぁ」

「お菓子が食べたいなぁ」と思っても
もうひとがんばりすることが増えました。

仕事の効率があがっているとしたら
それは間違いなく、そらこのおかげです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。