カラーリーフノート

カラーリーフノート

Twitterで書くには長い日々の気づきを垂れ流します。

怖い方に進めとよく聞きます。

今に不自由が無いけれど抜け出したいとも思っていて、今以上の成功とか幸せが怖いという不思議な気持ちもあります。

ふわのTwitter

 

 


そんなことを思っていたら
おすすめ一覧から辿り着いた記事↓



好き嫌いは置いておいて、やりたいか、やりたくないかで判断してみようかな。

好きだから〜って結構陥りがち。

今それをやりたいかどうか。

・・・キョロキョロ

本当はわかっているのかも。

やりたくないけど手放すと生きていけない。又は今より大変になる。と思っている。

もうほとんど大丈夫なのにまた体調を崩したら…と心配だったり

未来のまだ見ぬ出来事を勝手に怖がっている。

(実はまた頑張っちゃって?ダウンしてしまった滝汗)

やりたくないことはわかるけどその次のやりたいことが不明瞭で怖い。

手放すから次が来るのかもしれないけど、手放そうと思っていることの根本を解決しないとまた同じ結果になってしまうかもとも思う。

場所が変わるだけで同じ悩みを繰り返すような。


まず私は「人の都合に合わせすぎる」ことをやめて自分の都合も優先してあげる。

やりたいからやる。
食べたいから食べる。

自分に優しく照れ

最近お迎えしたシュライヒの猫ちゃん達と気ままに冒険しよう。





↑で星読みをする前からも部分的な知識として

キーワードに「社会」とかが出ているのは知っていた滝汗


苦手なんよね〜っと思いつつ…



それでも、コミュニティに属して、わーっと盛り上がりに尽力するのも時には楽しい。


でもふと、もうここでの役目はないかな?って感じたら抜けたくなる。


社会と言われて同じコミュニティにずっと居ないといけないイメージがあったけど、一時的な盛り上げ役みたいなのでも良いのかも?となんとなく思った。


もっと軽い感じで社会や人と関わってもいいのかもね。サーフィン




↓こちらのyujiさんの星読みレッスンに参加しましたお願い


進行&質問役で出られていた井出さんのnoteでも書かれているように「星を読む」というセンスが存在すると思う。


井出さんのnote



語彙力というか言語化するための物語、人生、経験のストック。


私も絵や形、色から連想する方がやりやすいかもしれない。


それは今まで仕事などに必要でたくさん見たものや趣味嗜好で見てきたもの。


どういうものに触れてきたかによって、例えば英語、日本語、中国語のどれかが読めるみたいに変わるのかな?と思った。


星語、数秘語、自然語


星座やハウスに対する知識やイメージのストックが私は少ない。


この星座やハウスが重要と聞いても〇〇座だからこんな感じか〜とピン!と繋げられない。


講座中、当選された方のホロスコープを例に読まれている時yujiさんから溢れるストーリーの豊富さに圧倒され、流石だなとびっくり

履歴書を読んでるのかな?って思ったり()


以前12星座のイメージ画を描いてみようと各星座の成り立ち的な本を読んだりしたけど、挫折した(たぶん方向性が違った?)


単にこの星座はこう言う感じ、このハウスはこうと暗記するのも難しいし、ただ覚えていたらいいというものでも無い気がする。


何故そういう意味を持つのか?から気になってしまい膨大な情報に圧倒され、今まで深く踏み込まなかった。


(もしかするとオラクルカードのように感覚やオリジナル解釈でやってみても面白いのかもしれない。)


今回もそこまでちゃんとしていたら全く進まないのでもっと気軽に読んでみる笑い泣き


というわけで、星の読み方を教わってそれ自体は理解してもすぐには腑に落とせなかった。


自分を客観視できない部分があるからという気もする。星には出てるのに自分にはそんな部分は無いと勝手に思っていたり()


最初は純粋にホロスコープから読み取れるものをピックアップするのも面白いかも?


自分のだけど第三者視点で見る。知らない人のを見るような気持ちで。


2.0(各星座の人について詳しく書かれた本)で今までは太陽星座とか天体が関わる星座を主に読んでいたけど、別の視点、ASCや生きてきた年数に応じての星座のページを読んでみた。




すると、その星座の要素も使っていたことに気付いた。


天体が入っていないので今まで他人事のようにスルーしていた星座もある。


星をうまく使って大きく活躍されている(ように見える)人をすごいなと、比べ自分は使えていないと勝手に思っていた。


何か、人から見てわかりやすい実績が無くともちゃんと経験値になっている。


人生の成功とか夢とか使命とか言葉の意味を大きく重く捉え、そんな壮大なことは自分には無いとか思っていた。


人と比べなくていいし、自分の感覚を信じていい。


10代では商業を勉強し20代からデザインの道に進んだ。

近年オラクルカードに興味を持って自己流で楽しみ、星や数秘にも軽く触れている。


子供の頃から物作りは得意。学生の頃から友人や新人に教えたりする機会があり結構好き。


ネットが普及し始め早い段階で自然とWEBに関わり発信もしている。


グラフィックデザイナーになる前はWEBデザインの方を勉強していた。

(自分がやっていることの定義が難しいので便宜上グラフィックデザインとする)


個人で動くことは得意で好きだけど、どうやら最終的に社会的な感じや人との関わりが重要そう。


山羊座時代(←世の中ではなく私の星として)は安定とか堅実にが好きでコツコツと積み上げる感じが得意だったけど、20代前半から水瓶座に入ると自由に動ける環境を求めるようになった気がする。


そしてフリーランスになり比較的自由になったけど人間関係や社会的な環境は避けるようになっていた。手の届く範囲を重視する節も。


人間関係や社会的なものに漠然とした苦手意識がある。でも思い返すと今までの人生は人とのご縁のおかげですんなり動いている。


パートナーと聞くと恋愛や結婚を連想してしまう(そう書いてあるものも多い)けど、友人や仕事としてはたくさんの恩恵に与っている。


今の解釈としては


ホームから出て社会に向けて自分を表現していく。

何かを育てたり教えたりすることに挑戦してもいいかも。

次の大きな転機は3738歳辺り?


という感じかしら?



山羊座や土のエネルギーに固執して、木に掴まり「やだ〜動きたくない〜」という感じだったかも。コアラ


今の自分は思ったより風の感じも持っていて桜の花桜や花粉が舞うように手を離して飛んでみてもいいかも。

そして水に流されてみたり、吸収して新天地で芽を出すクローバー


間違っていたら恥ずかしいけどこんな風に読んでみました。


↓私の図





こちら↓の記事すごくわかる!!!

先日、マンダラデザイナーと名乗ってはみたものの飽きてきそうだなと思ったり(笑)

名乗ってしまったからしばらくは続けないと…とか、なんとなく思ってる。

万華鏡を作ったり仕組みを調べて自分なりにやるのはいいけど、まだまだ素人な部分もあって。

それをそのまま投稿してみては、完璧主義な自分が顔を出し「まだまだ未熟だ…!」「何かが違う!」と陶芸の職人が皿を割るような(←勝手なイメージ)気持ちになる笑い泣き

誰かに見せるときはある程度ちゃんとしたものを…とか思ってしまう。

もちろん中には理科の実験みたいなことをして純粋にすごいって思って「見て見て!」ってアップすることもある。

知ってる人からしたら何を今更と思われるかもしれないけどそれが楽しい。

いつかどこかで言った気がするけど、初めてクレヨンを手にした子供のように自由に表現したい。

歴史や形が持つ意味も大切だとわかっている、こうしたら良く見えるとか定型みたいなのも知っていたりするけれど

純粋に「美しいと感じたから」とか手の動くまま、気の向くまま、感覚のまま、表現したいな。

色が綺麗だったからカラーパレット
形が面白いから雪の結晶
いつもの風景がこんな風に見えたよ乙女のトキメキ

いろんな発見をしたいな〜

上の2枚の写真は実は↓のカーテンが元になっている






アメブロを書いていて、まだ「私は◯◯をしている人です」というように何者かになろうとしているなと思った。

そしてこれからやることに対しても誰かの役に立ったり、仕事としてできるかどうかを気にしている。

もちろん、それがダメではない。

何がしたい?と聞かれて本当は何にもしたくないのかもしれない。

のんびりしたい。

何もしたくないというと何か言われそうだから頑張って探す。

ただ自然や興味あるものを眺めたり、体験したい。

こんなモノを見つけたよとシェアするのは好き。

いい感じにゆるくさすらう表現者。

スナフキンになりたい。

というか「仕事」という概念を外せば既にやっていること。

何もせず食べていくにはまだ難しいから何か仕事をしないと!って思ってぐるぐるするのだろう。

暇ができたらできたで、何かしないと落ち着かないと思うけど(笑)

その日の天気や気分でやることを決めたい。

去年の7月の記事でも同じようなことを書いていた(笑)↓

私にとって表現方法は何でも良くて、心が動いたものを具現化したいというだけなのかもしれない。



行動してはみるけど、変化がないように思えて、ぐるぐると同じことを考えてしまう。

でもきっと去年の7月の私と今の私では変わっていないようで変わっている。

また「仕事」や「誰かのため」を横に置いて、気の向くままやってみよう。

「何もしない」をやってもいい。

のんびりと、とりあえず何かに心を動かしていようくもり