風華のブログ

風華のブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

風花さんの予定です。

 

17日()   15時30分~17時

 ※龍馬マラソン大会での演奏終了後入らせていただきます。

18日(月)   9時30分~14時

19日(火)   9時30分~12時30分

20日(水)   9時30分~14時

21日(木)   9時30分~17時  

22日(金)   9時30分~16時

 

よろしくお願いします。ニコニコハイビスカス

 

先週のテレビで、『昔の防災常識と今の防災常識の差』をみましたので、ちょっとまとめてみました。!

 

昔は地震が起きたら、すぐに外に飛び出るよう言われていましたが、建物が崩れる危険性より、落下物により怪我をする危険性が高いので家の中の方が安全。

 

在宅中に地震が起きた時は、トイレや風呂場に避難するように言われていたのが、今は玄関に避難。ドアを開けて逃げ道を確保しておく。

 

街の建物の中で、最も頑丈なのは、ガソリンスタンド。

消防法や建築基準がきびしく、防火壁に覆われているので、外出時の避難場所としてガソリンスタンドの場所を確認しておくとよい。

 

地震が起きたら、まず、火の始末を言われていたのが、今は震度5以上で、ガスが遮断されるようになった。

火を消そうとして、かえって火傷をするおそれがあるので、揺れがおさまってから火を消す。

 

お風呂の水を溜めておくと、1日でさまざまな菌が増え、感染症につながる。

 

地震後、帰宅すると、まず写真撮影を。

被害状況に応じて、自治体などから修繕費や生活費の支給がある場合があり、被害状況がわかるように記録しておく。

 

火災などで、煙の中を避難する場合、透明なビニール袋をかぶって逃げる。

煙やガスを吸わずに、目を開けて避難できる。

 

防災士のおすすめグッズ。

フリーザーバック…調理できる。

ラップ…お皿に敷いて使用することで、お皿を洗う水が節約できる。

     傷口に巻くと、止血できる。

     身体に巻くと、寒さをしのげる。

ベビーパウダー…水や脂を吸収するので、お風呂に入れないときに代用できる。

 

…などなど。

 

防災についても、日々新しい方法が発見されているようですね。

いろいろな場所で、防災についてのセミナーが開催されていて、明日は、イオンでぼうさいカフェがあります。

オープニングで演奏します。

ぜひ…。ニコニコルンルン

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス