一番初めの頃、牢獄地球に送られたIS・BEたちはインドに住んでいた。

彼らは次第にメソポタミア、エジプト、メソアメリカ,アハイア、ギリシャ、ローマ、中世ヨーロッパと新世界に広がって行った。

彼らは旧帝国の牢獄の看守たちによって、ある特定の文明の型に従うように、催眠暗示で命令された。

これは本当の時間と位置を、地球に監禁されているIS・BEたちから偽装するには効果的なメカニズムである。

一つ一つの偽文明の言語、服装と文化は、地球にいるIS・BEに彼らが強制送還された旧帝国の惑星のことを思い出させないため、記憶喪失を強化するように意図されている。

 

 

遥か古代の時代、この種類の文明は、それらを創造したIS・BEたちが特定の文化とスタイルに慣れてしまい、それらに固執したため、自分たちを何度も何度も繰り返す傾向があった。

なぜなら文化、建築様式、言語、習慣、数学、論理感などなどが全部揃った一つの完全な文明を発明することは多大な労力を必要とする。

親しみのある、成功した型にもとずいて、コピーを複製する方がはるかに簡単である。

 

「太陽タイプ12、クラス7」の惑星は、炭素、酸素基の生命体が、居住する惑星に与えられる表記である。

惑星のクラスは星の大きさと放射線強度、その惑星の軌道が星からどれだけ離れているか、また惑星の大きさ、密度、重力と科学成分に基づいている。

同じように動植物も、それらが居住している星のタイプと惑星のクラスにしたがって分類される。

 

平均して物理的な宇宙では、呼吸できる大気を持った惑星の割合は、比較的小さなものだ。

ほとんどの惑星は、地球のような大気の化学成分が植物と他の有機体に栄養分を提供し、それが代わりに他の生命体を支える、

生命体が常食できる大気は持っていない。

 

ドメインの勢力がヴェーダの賛美歌を8200年前にヒマラヤ地域にもたらしたとき、いくつかの人間社会はもうすでに存在していた。

アーリア人たちがインドを侵略し・征服し、ヴェーダの賛美歌集をその地域に持ち込んだ。

 

ヴェーダは彼らによって学ばれ、記憶され、7000年の間、口頭で継承され、その後文書化された。

その期間の間、ドメイン遠征軍の士官の一人が、地上でヴィシュヌとして転生した。

彼はリグヴェーダの中で何度も記載されている。

ヒンズー教の者たちは彼をいまだに神とみなしている。

彼は旧帝国の勢力に対する攻撃と反乱として画策された。

この戦争には人類に埋め込まれた注意を、たくさんの神々とそれを管理していた神官たちが要求した迷信的な儀式、崇拝に意識を集中させた偽の文明の要素から、人類が解放されるのを援助する意図があった。

それらは全ては旧帝国による、地球のIS・BEたちに対する自分たちの犯罪行為を隠すための精神操作の一部である。

 

神官という地位、または看守たちは、個人とは生物的な体でしかなく不死のスピリチュアルな存在ではないという観念を、強めるために役に立った。

個人にはアイデンティティはない。

個人には過去生はない。

個人には力がない。

神々のみが力を持っている。

そして神々とは神官たちの企みであり、彼らが人と、人が仕える神々との間を仲介する。

従わないと永遠に続くスピリチュアルな罰で脅す、神官たちの命令に対して人は奴隷である。

 

全ての囚人が記憶喪失者であり、神官たち自身が囚人である牢獄惑星で、他に何を期待することができるのか?

ドメイン勢力による地球への介入は、今だに機能し続けている旧帝国のマインドコントロールオペレーションのために完全に成功はしていない。

 

続く→