年の初めに思うこと | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾82期生名古屋募集  定員8名

     3月14日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



新しい年が明けた。

 

 

経済ニュースの多くは「格差」を取り上げている。

 

一般的に格差は社会構造が原因で生まれる。

 

 

格差と聞くと、富の2極化を連想する。

 

そして多くの人は低所得に自分も陥ってしまうのではないか、という不安を抱く。

 

もしくは、既に低所得の人にとっては閉塞感と虚脱感しか感じないだろう。

 

 

しかし、

 

もう一方の高所得の人達も確実に存在する。

 

この人達は、「格差社会だ!」と世間が騒ぐ状況になればなるほど、富を増やすことが出来る。

 

 

ここで言う「富」とは、資産(リターン)だけを指すものではない。

 

この人達は、高い経済成長(グロース)もしている。

 

 

経営で言えば、業績の良い会社は経済成長による財を生み出し、それが資産となり、より富むことになる。

 

やはり最初は経済成長なのだ。

 

そして経営における経済成長をするには、政治、行政頼みはあり得ない。

 

 

あるのは経営者の能力、

 

能力は知識を身に付ける以外にない。

 

 

 

 

格差など、

 

知識を身に付け、知恵に転化した者には、

 

関係のない話。。。

 

 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG