先見性は歴史観から | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾81期生名古屋募集  定員8名

     12月6日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング
 

 

 

経営者に最も重要な能力は先見性。

 

 

経営活動で未来を見通せるも者が勝つのは当たり前。

 

但し、それは預言者ではない。

 

 

先見性とは、未来だけを見ていても見えるものではないと思う。

 

未来は過去からの延長線上に現れると言われるように、先ずは過去を知らなければいけない。

 

 

過去を知るとは、歴史観を持つこと。

 

歴史観とは、ある一定の見方で歴史を見ることで、その延長線上に現れる未来を見ること。

 

 

人間は同じ過ちを繰り返す生き物。

 

2500年前に確立された古典や哲学などが、それを証明している。

 

 

その歴史観から今を繋ぎ、未来を見て行けば、形は違えどプロセスの共通点を見つけることで、ある程度の未来が見えてくる。

 

この思考力が先見性だと思う。

 

 

 

 

物の道理、

 

これはそう簡単には変わらない。。。


 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG