50代をどう生きるか | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾81期生名古屋募集  定員8名

     12月6日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



50代をどう生きるか。

 

 

自分の価値観における50代は、人生の仕上げの準備に入る年代だと思っている。

 

経営者であれば事業継承の準備に入り、60代で一線を退き、後継者をバックアップしていく。

 

 

その為には思考が保守的、利己的になるのを避け、柔軟で寛容な思考を意識する必要がある。

 

50代でこの逆をすれば、今まで築き上げてきたものは一気に崩れ落ちて行くことになる。

 

 

しかし、残念ながら保守的、利己的な50代は多い。

 

だから苦しんでいる。

 

 

仕事柄、この世代と接することは多い。

 

柔軟で寛容な思考の50代は極少数派であり、社内を淀ませる保守的、利己的な50代がいる。

 

ただ、一番多いのは、何も考えていない50代。

 

「働かないおじさん」と言われる人達。

 

 

50代に入ると、柔軟で寛容な思考の50代のみが成長を続け、後は凋落していく。

 

50代で人格を変えるのは、ほぼ不可能だと思う。

 

 

 

 

結果、

 

30代、40代で何をしてきたかで50代は決まる。。。


 

 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG