他人の為にワクチン接種をする | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾80期生名古屋募集  定員8名

     10月4日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング



一昨日の夕方に2回目のワクチン接種をした。

 

翌日の朝、特段の体調変化も無いので、いつものように犬との散歩に出かけた。

 

 

しかし、

 

散歩の途中から身体が重くなり、倦怠感と微熱が始まった。

 

「これか・・・」

 

 

2日目の今日は、節々の痛みと若干の倦怠感が残るが、回復に向かっている。

 

世間では、ワクチン接種に関して、様々な情報と憶測が飛んでいる。

 

 

自分がワクチン接種した理由は、ワクチン接種による後遺症とか、遺伝子への影響のナンチャラカンチャラには一切興味がなく。

 

もし自分がコロナに感染したら、濃厚接触者となる人達に仕事の上で、多大な迷惑をかけることが嫌だったから。

 

 

濃厚接触者となれば、2週間の自宅待機。

 

自分の仕事は経営コンサルタント。

 

会うのは社長、経営者。

 

 

この人たちが2週間、自宅待機となれば、甚大な損失となる。

 

職業上、あってはならない事態。

 

だから自分はワクチン接種をした。

 

 

 

 

マスク着用と同様、

 

ワクチン接種も他人の為にするものだと自分は思う。。。


 

 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG