信念の対立 | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾79期生名古屋募集  定員8名

     7月26日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟ランチェスター経営ジムeラーニング


 

先日の苫野哲学ジムにて。

 

「情報は欲望と関心によって取得している」

 

 

人は自分の欲望と関心に関わる情報を無意識に選び、自分の価値観や判断基準に沿うものをまた無意識に選んでいる。

 

その基準で情報を入手すればするほど、自分の中で確信となり、「これが正解であり、事実である」となっていく。

 

 

人は欲望と関心を持たずに情報を得ることが出来るのか。

 

この質問に対しては、「それは出来ない」となった。

 

 

今になってこの言葉を洞察すると

 

「欲望と関心の無いところに情報は存在しない」

 

「情報は欲望と関心があって、初めて情報として存在する」

 

 

人間は無意識に自分にとって都合の良い情報を集め、自分にとって都合の悪い情報を疑いもなく否定する。

 

これは人間の本質だと思う。

 

この思考自体を否定することは出来ない。

 

 

 

 

それが信念という言葉にすり替わると、

 

対立を生み出す。。。

 


 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG