お前が間違っている! | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾79期生名古屋募集  定員8名

     7月12日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟

ランチェスター経営ジムeラーニング

 



 

是か非か

 

白か黒か

 

 

往々にして人は、物事を明確にしたい欲求から、上記の思考に陥りやすい。

 

最初から「答えは二つしかない」という二項対立的な問いになりやすい。

 

客観的に考えれば誰でも分かることだが、物事はたった二つの要因で決められることなど殆どない。

 

 

典型的なのが、コロナ論争。

 

コロナ肯定派 VS コロナ否定派

 

どちらの派も「これが真実」と言っている。

 

 

そしてお互いを批判し合う。

 

これが最もクダラナイ生き方。

 

 

 

アンチテーゼという考え方がある。

 

一般的には二項対立的な意味にとられやすいが、本当の意味は、相手の肯定意見を認めつつも否定するという意味。

 

その意見(肯定的な命題がしっかり提言されている)を認めた上で、それに対して意見すること。

 

肯定的命題とは、誰しも認める本質的なこと。

 

 

アンチテーゼとは、お互いに共通の了解点を認め合った上で、建設的な方向へ導く考え方。

 

これは「ヘーゲルの弁証法」と言われるもの。

 

相手を論破することが目的のディベートとは全く違う。

 

 

しかし、コロナ論争は完全にディベート化している。

 

どちら側も「お前が間違っている!」となり、出口は全く見えない。

 

 

テーゼとアンチテーゼ、

 

そこから生まれるジンテーゼ(建設的統合案)に導くことをアウフヘーベンという。

 

 

 

 

今こそ、

 

哲学者ヘーゲルの弁証法的思考が必要な時かと。。。


 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG