人の価値観を肯定する | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾79期生名古屋募集  定員8名

     7月12日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

◇ ランチェスター経営ジムeラーニングはこちらから☟

ランチェスター経営ジムeラーニング

 

 




思考は必ず何かの影響から作り上げられていくものだと思う。

 

影響は人であったり、外部からの情報だったりする。

 

 

仮に、同条件から得た情報であっても、受け取る人の思考によって全く違う解釈が起こる。

 

その思考とは、その人が持っている価値観から出来上がっている。

 

その価値観を育んだのは、その人かこれまでに影響を受けた人や情報が、その人の価値観を構成している。

 

当然、影響を行けた人の考えや行動に影響され、表現や発言も類似しやすくなる。

 

 

また価値観とは、その人が感じ取った概念。

 

※概念  同類のもののそれぞれについての表象から共通部分をぬき出して得た表象。

 

 

LingLang 概念の構造

 

 

 

この概念という価値観で人は形成され、存在している。

 

まさに「自分」という存在そのもの。

 

 

人は価値観を否定されると、自分の存在意義を否定されたように思い不快になる。

 

そしてその人の価値観を否定しようとする。

 

それは自分の存在そのものを無くしてしまうのではないかと言う恐怖から。

 

 

 

しかし、

 

 

そこには何も生まれない。

 

生まれるのは嫌悪だけ。

 

 

 

人の価値観を否定すると、生きづらくなる。

 

人の価値観を肯定すると、生きやすくなる。。。

 

 

 

--------------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG