貧困ビジネスコンサルタント | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ラジオ関連ブログはコチラ

 

◇ ランチェスター戦略社長塾78期生名古屋募集  定員8名

     4月12日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

---------------------------------------------------------

 

 

貧困ビジネス

 

※貧困層をターゲットにしていて、かつ貧困からの脱却に資することなく、貧困を固定化するビジネス

 

 

貧困層という言葉を「赤字会社」と置き換えてみると、

 

赤字会社をターゲットにしていて、かつ赤字からの脱却に資することなく、赤字を固定化するビジネス

 

 

悲しいかな、経営コンサルの業界には中小零細の赤字会社をターゲットにした貧困ビジネスが存在する。

 

そのモデルは安売りを推奨し、ひたすら集客を目的としたビジネスモデル。

 

 

安ければ集客は簡単。

 

売上は簡単に上がり、売上不振に悩んでいた赤字会社の社長にとっては、夢のような状態が短期間で起こる。

 

 

しかし、

 

安く売ることで、同業者と同じ売上であっても、件数が増えるため、経費と人手が増えて作った粗利益をそれ以上に食べてしまう。

 

だが、赤字会社の社長は、「売上が増えればいつか儲かる」と盲信しているので、手を休めることなく安売りを続けてしまう。

 

赤字が続くのに、そのコンサル会社にコンサルフィーを払い続けている。

 

 

実は、売上と営業利益(最終利益)との相関関係は全くないのだ。

 

そのことをそのコンサル会社は知ってる・・・

 

教えてしまえば、貧困を固定化出来ないから。

 

貧困(赤字会社)がいないとそのコンサル会社は儲からないから。

 

そして、「売上が上がっても儲からないのは、やり方が悪い」と、次の貧困ビジネスモデルを売り込む。

 

 

 

 

貧困層(赤字会社)をターゲットにした商売はいつも、

 

善と悪が混在している。。。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG