電話してくる人とは仕事するな | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。
2020年4月よりコミュニティFMでレギュラー番組が全国配信

岡ラジオ

◇ ランチェスター戦略社長塾78期生名古屋募集  定員8名

     4月12日(月)スタートの毎週型5回シリーズ (Zoom)   関連ブログはコチラ

◇ 経営に最も役立つ哲学を学ぶ場はここにあります。 苫野哲学ジム 

◇ 全国各地の勉強会はこちらから☟

各地の勉強会に参加希望の方

---------------------------------------------------------

 

 

 

2017年6月8日  堀江貴文氏のインタビュー記事より

 

「電話してくる人とは仕事するな」

 

「自分の時間」を奪う最たるもの。それは「電話」だ。 僕は「電話に出ないキャラ」を確立している。電話で話す必然性のない用事なのに、やたらと気軽に人の電話を鳴らす者がいるが、僕は絶対に応答しない。相手がどんなに偉い人であろうが、僕は「電話に出ないキャラ」になると決めている。電話は多動力をジャマする最悪のツールであり、百害あって一利ない。仕事をしているときに電話を鳴らされると、そのせいで仕事は強制的に中断され、リズムが崩れてしまう。

 

 

 

自分はホリエモンほどではないが、仕事の打合せを電話ではしない。

 

だから自分から電話をすることは、余程のことが無い限りしない。

 

携帯の発信履歴は月に1回あるかないか。

 

数か月、発信していないこともしばしば。

 

 

そんな自分を仕事関係の人達は、うすうす知っているので(笑)、緊急時以外は掛けてこない。

 

連絡は全て、メールやLINE、メッセンジャーを使った非同期通信で十分。

 

仕事に全く支障は無い。

 

 

ホリエモンは言う、

 

「前時代の感覚にとらわれている人は、コミュニケーションというのは、お互い同時間に行う同期通信でなければ意図が伝わらないと盲信している。そういう人が僕の電話を平気で鳴らし、人の仕事をジャマするのだ。」

 

 

 

 

おっしゃる通り。。。

 

 

ーーーー-------------------------------------------------

 

読み手に考える余地を残すブログを冊子にしました。

 

OKALOG