この機会に再考する | 富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

富裕層戦略・建築コンサルタントのブログ

ランチェスター戦略を通じて全国20ヶ所以上の勉強会を通じて毎月400人以上の経営者を支援指導する。
富裕層戦略・建築コンサルは業界の先駆け的存在。2012年にはNHKクローズアップ現代に特集される。


テーマ:

 

元号が新たになった日、自宅でゆっくりしている。

 

気持ちを一新するということはないが、ゆっくり考える良い機会だと思った。

 

 

改めて自分の職業でもある「経営コンサルタント」について考えてみたい。

 

まず、経営コンサルタントに定義は無い。

 

資格も無ければ法的規制もない。

 

なので比較のしようがない職業でもある。

 

経営コンサルタントの指導の下、結果はプラスとマイナス、利益か損失か、毒か薬のどちらかに分かれることが多い。

 

何の変化も無ければ、経営コンサルタントに支払った費用」が損失となる。

 

 

自分は11年前から自分なりの経営コンサルタントとしてのスタンスに辿り着いた。

 

それは、「業績向上は社長の教育にある」

 

その社長にランチェスター戦略を教育する。

 

カテゴリーで言えば、教育コンサルになるかもしれない。

 

教育をするからには、当然ながら経営を知っていなければならない。

 

特に経営をした経験が大事になる。

 

 

経営コンサルには様々なカテゴリーがあるが、経営コンサルタントとしての成功の確率は原体験にあると思う。

 

人間は経験からしか思考は生まれない。

 

人格形成と同じで、育った環境で人は人格と性格が形成されていく。

 

経営コンサルタントには、自ら経営の経験が必要だと思う。

 

特に人を雇った経験は大きいと思う。

 

経営の成功も失敗も、人を雇った時から始まると言ってもいい。

 

自分1人やパートを使っているうちは正直、経営とは言えない。

 

その経験が無い状態で経営コンサルタントとして成功するには、サラリーマン時代にやっていた経験を基に戦術コンサルタントに徹した方が良い。

 

なまじ戦略コンサルタントの領域に入ると経営未経験が仇になる。

 

戦略は社長の仕事、戦術は社員の仕事なのだ。

 

経営コンサルタントの経営資源は経験値。

 

知識をどれだけ積み重ねても、経験値だけはどうにもならない。

 

 

 

 

どんな職業も未経験では競争に勝てない。。。

 

 

◇ 哲学塾を開講します。

第3期 ランチェスター経営 哲学塾熊本

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

読み手に考える余地を残す。。。

 

OKALOG

 

ランチェスター戦略社長塾67.68期生名古屋募集   講師は私、岡が担当します。

 

名古屋での社長塾67期生は6月22日(土)スタート 土日集中型

https://lanchester-gym.jp/gym/shachojuku/nagoya_67.pdf

名古屋での社長塾68期生は8月19日(月)スタート 隔週型

https://lanchester-gym.jp/gym/shachojuku/nagoya_68.pdf

カレンダーから申し込む

http://lanchester-gym.jp/calendar/

 

各地の勉強会に参加希望の方

富裕層戦略・建築コンサルタントさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ