宿題タイム!兄弟の違い。

テーマ:

* * * * *

小3(ADHD長男)と小1(アマノジャク次男)の

アホ感あふれる息子たちの育児日記をかいております。

よろしくおねがいします。

* * * * *

 

今年小学校に入学した次男アイキも、少し前から宿題が始まりました。

 

長男キョウタは、1年生のときから宿題に苦労していたので、

--------------

>>ADHD宿題問題(キョウタ小1)

--------------

 

アイキはどうなるかなぁと思っていたんですが、

 

兄弟ですごい差でした。

 

 

 

 

なんだこの穏やかタイム!!!

 

 

 

 * * * * *

 

 

一方 オニイチャン。

 

 

 

 

 

 

 

この差…!

 

 

 

キョウタの特性も性格もよくわかっています。

 

『やりたいことをいっぱいやりたい!』

『やりたくないことはトコトン嫌だ!!』

 

その気持ちが他の子より強いし、

“やりたいこと”の幅が極端に狭いのも知っています。

 

なので、毎日毎日宿題もスムーズにできず、

付き合う私もホトホト疲れるんですが

(しかも今年に入ってから毎日のように大嫌いな漢字練習が課されるため余計に…ゲソー)

 

 

そんなキョウタをずっと見てきたので、アイキのスムーズな取り組みにいつも感動してしまうんですよね。

宿題に問題なく取り組めるって、とてもすごいことだと思います。

 

 

でも、こんなキョウタですが、宿題を投げ出したことは一度もありません。

取り組み中の態度は悪いし時間もかかるし字の汚さにも拍車がかかりますが、毎日あきらめずどうにか終わらせます。

キョウタの特性を理解したうえだと、このがんばりはアイキがスムーズに取り組む姿勢と同等のがんばりだと思うんです。

 

ただ、私の付き合う時間の消耗はハンパないですが…!

(ゴゴゴゴゴゴゴ)

 

 

* * * * *

 

宿題に付き合う保護者の皆様~!

がんばりましょうね~!!

 

 

 

 

読者登録大歓迎です

 

ランキング参加しています

 

 

 

クローバーはじめましての方、ぜひクローバー