【適職診断】HSP・繊細な人に向いている仕事を診断しています。

【適職診断】HSP・繊細な人に向いている仕事を診断しています。

HSPが心穏やかに働くための「適職診断」。やりたいことを引き出し、強みを発掘することで、HSPのあなたが自然体で力を発揮できる、向いている仕事を特定します。全国からお電話・スカイプでご相談いただけます。対面相談は東京で承ります。

初めまして。武田友紀と申します。
繊細さんや心を大切にする人を、適職診断・ご相談・絵でバックアップしています。

★感性を封じた会社員時代~繊細さを活かして幸せに働くまで→プロフィール
 
<心を大切にする人へのサービス>
チェック自分の力を活かして働きたい→転職・起業コラム
チェック仕事で困っている。幸せに働きたい→適職診断
チェック仕事もプライベートも大切。いろいろ相談したい→なんでも相談室
チェック自分にもどる時間がほしい→静かな力の湧く絵

お電話・スカイプで全国からご相談いただけます。
(対面相談は兵庫県豊岡市・東京・大阪などで承ります)

【ご予約フォーム】


●絵   作品一覧 / ちびドラゴンの旅 / 絵本 / 無料イラスト(1)(2)
●繊細さん 「繊細さん」とは? / 繊細さんリンク集(約150名) / 繊細さを活かす
●お問合せ お気軽にどうぞ→お問合せフォーム

テーマ:
こんにちは、カウンセラーの武田です。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
書籍「『繊細さん』の本」の発売が決定しました!
 
昨年、コラムを見た出版社の方にお声がけいただきまして、原稿を書き進めていました。
 
タイトルと発売予定日が決まりましたので、お知らせです。
 
ーーーーーーーー
・タイトル:
「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本
・発売予定日:7月24日
・著者:武田友紀 (※ニックネームの「とうこ」ではなく、本名で出版します)
・Amazon:
https://www.amazon.co.jp/dp/4864106266/
ーーーーーーーーー
 
出版のお話をいただいて思ったのは
「教科書に載るような偉人の話ではなく、いま、同じ世の中を生きている繊細さんの話を書きたい」
ということでした。
 
 
繊細さについて、医学・心理学の学術的な見地から書くのではなく
繊細でない人からの「こうしてみたら?」というアドバイスでもなく
繊細な偉人にはこういう人がいるよ、という星でもなく

いま同じ社会を生きている繊細さんたちが、実際にどうやってラクに元気になっていったのかを、書きたい。

600名の繊細さんから相談を受けてきた、自分自身も繊細であるカウンセラーとして
「繊細さんが元気に生きていくって、こういう感じだよ」
「悩んでいた繊細さんが、こうやってみたら効果があったよ」
と実際に有効なノウハウを書きたい。

と思いました。
 
 
そんな思いのもと、「繊細さんがラクに元気に生きるためのノウハウ」を、ぎゅっと詰め込んで、本にしました。
 
内容としましては

・繊細さんがラクに元気に生きる基本
・毎日のストレスを防ぐワザ
・人間関係をラクにする技術
・肩の力を抜いてのびのびと働く技術
・繊細さんが自分を活かす技術
を収録しています。
 
 
 
原稿はすべて書き終えて、校正待ちの段階です。
いま編集者さんと、章の見出しを調整しているところです。
(来月発売なのに、本ってこんなにギリギリなのか!と驚いています)
 
超実践的なノウハウ集になっておりまして、繊細の森のコラムを読んでくださっている方に役立つ本だろうと思います。
 
ぜひ、お手にとっていただけたら嬉しいです!^^
 
 
★Amazonでの予約が始まりました。
イラストレーターさんによる表紙もご覧いただけます。
https://www.amazon.co.jp/dp/4864106266/
 

繊細さん向けのノウハウが、必要な方に届いたらいいなと思っております。
  
どうぞよろしくお願いいたします!^^




<個別相談>
【適職診断】:自分に向いている仕事を知りたい方へ
【なんでも相談室】:繊細さや人間関係を相談したい方へ

引用元:出版のお知らせ:「『繊細さん』の本」が発売されます。

テーマ:
今日のコラムは、転職など、生き方が変わる時期の過ごし方について。無為な時間をたっぷりとってね、というお話です。
 

生き方が変わる。その現れとして、仕事を選び直す

 
相談に訪れるお客様は、多くの方が「生き方が変わる時期」にいらっしゃいます。
 
適職診断を受ける理由は、「自分に合う仕事を知りたい」「強みを知りたい」といったことなのですが、「仕事」はあくまで表面に現れた出来事にすぎません。
 
 
・置かれた職場環境に合わせてひたすらがんばるのではなく、自分に合う仕事を探そうと思った
・苦手なことを克服し続けるのではなく、強みを活かして働きたい
 
一見仕事の話のようにみえるこれらは、実は生き方の話。
 
「与えられたものに合わせて自分を作り変える」という相手本位の生き方が終わり、「自分を基準に、自分に合うものを求めに行く」という自分本位の生き方へ変わる。
 
これまでとは生き方を変える。その現れとして仕事を選び直したい、ということなのです。
 

本心が育ってきたサイン。いまの仕事から心が離れる

 
「本当はもっとこうしたい」という思いが育ってくると、これまでの生き方から心が離れていきます。仕事では

・今の仕事の合わなさを感じる
(もうずっと前から気づいてはいたけれど、いよいよ誰かに相談しようという気になる)
 
・上司や同僚にイライラし始める
(これまでは反発したりしなかったのに!)
 
・仕事に疑問を抱く
(これをやり続けても、同じことの繰り返しなんじゃないか?)
などが起こります。
 

生き方が変わるには、スピードダウンが必要

 
生き方を変える、つまり心が方向を変えるには、時間が必要です。明日から新しい生き方に切り替えるというわけにはいきません。
 
全力で100メートル走ったあと急には止まれないのと同じで、これまでの生き方をスピードダウンする時間が必要です。数日ー数ヶ月の休みや、心の中で少しずつ今の仕事の比重を下げていく時間が必要なのです。
 
これまで全力疾走してきた人ほど、スピードダウンするには長い時間がかかります。
 

無為のための休みが必要。有意義とは一線を引く

 
ですので、生き方が変わる時期の方には「一度ゆっくり休んでくださいね」とおすすめしています。ここでいう休みは、本当の休みを指します。無為に過ごすことを大事にしてほしいのです。
 
仕事の忙しさにかかわらず、今までの人生で「心」が忙しかった人は、無為の休みを怖がります。


>>続きは「繊細の森」HPでどうぞ^^


<個別相談>
【適職診断】:自分に向いている仕事を知りたい方へ
【なんでも相談室】:繊細さや人間関係を相談したい方へ

テーマ:
こんにちは、カウンセラーの武田です。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
今日のコラムは、「仕事ができない」という思いについて。まわりから「十分できているよ」と言われても、できていない気がしてしまう。そんなケースについてです。
 

「仕事ができない」と思っているのは、なぜ?

 
「仕事ができない」という悩みをいただくことがあります。
 
トラブル対応や、厳しい納期のある仕事。「まわりの人は気づかないと思うけど、内心でものすごく焦っている」と。
 
理路整然としたお話を伺っていると、本当に「できない」んだろうか。むしろとても優秀なのでは、と思うこともしばしば。実際、職場でリーダーを任されていたり、まわりからは「すごい」と言われていたり、膨大な業務を一人でこなしていたりもします。
 
 
 
まわりからの評価や実績に反して「仕事ができない」という思いを感じている。
 
そんなとき、「誰も頼ってはいけない」「できる人間でなければ、生きられない」という世界観で生きているのかもしれません。
  

なぜ「できる人間でなければ、生きられない」と思っているのか?

 
なぜ「誰も頼ってはいけない」「できる人間でなければ、生きられない」と思っているのでしょう。
 
それは
 
・できる人間にならざるをえなかった家庭環境
(親よりも自分のほうが大人だった、幼い頃からひとりでできることが当たり前とされていた、幼い頃から家族の心配をしていた、など)
 
であったり、
 
・できることを強く求められた経験
(「できる人間が正義」という1社目の社風や、高校の部活など)
 
であったりします。
 
 
できる人間になることで生き抜いた経験が、


>>続きは「繊細の森」HPでどうぞ^^


<個別相談>
【適職診断】:自分に向いている仕事を知りたい方へ
【なんでも相談室】:繊細さや人間関係を相談したい方へ

テーマ:
こんにちは、カウンセラーの武田です。
繊細な人やHSPの方から、仕事や人間関係のご相談を承っています。(東京・お電話・スカイプ)
【なんでも相談室】
【適職診断】
 
 
お客様のご感想です。
 
(掲載許可をいただいています)

 
今日はありがとうございました!
 
診断を受ける前は、公務員という職業柄もあり、スキルも資格もない私が他にも出来る仕事があるのだろうかと、希望のない真っ暗な箱の中に閉じ込められているような気分でした。
 
診断で自分の強みを言葉にしていただき、今までの自分の生き方を振り返ることができました。診断を受けてよかったです^^
 
 
 
◯◯の運営はどうですかと言っていただいたとき、自分が教育の分野に興味があったことを思い出しました。(自分の興味があることを忘れてしまうくらい、私は目の前の仕事を頑張ってしまうようです^^;)
 
大学では教育や社会学、心理学を幅広く勉強しましたが、教員になりたいとは思えず。就職難だったこともあり、親に安心してもらいたいとか、安定しているとか、自分の熱意のある方向とは違う方へ進みました。
 
 
 
繊細の森に出会ってから、親と周囲からの期待、自分の見栄や保身など。いつの間にか自分に覆いかぶさった<自分の思いではない何か>という布を一枚一枚剥がしていくような気持ちになりました。
 
こんなに色々な布をかぶっていたんだから、自分が見えなくなるのは自然なことだったような気もします。
 
最近では今の仕事が嫌だという気持ちを押さえつけることなく感じることが出来てきました。今まで抑え込んでいた自分と再会したような気分です。
 
とうこさんや繊細の森に出会っていなければ、このことに気付いても、どうしたらいいか分からなかっただろうと思います。今相談して本当によかったです。
 
 
 
自分にとって大きな変化が起きる予感がします。
それはとても怖いです。
けど、この恐怖の先にこそ、光があるような気もします。

ひとつひとつ責任を持って選択し、光のある場所へ行けるように進んでいきたいです。

 
 
またご相談したり、報告したりすると思います。
新しいサービスやコラムも楽しみにしていますね(^^*)

今日は本当にありがとうございました!*




<個別相談>
【適職診断】:自分に向いている仕事を知りたい方へ
【なんでも相談室】:繊細さや人間関係を相談したい方へ

引用元:「今まで抑え込んでいた自分と再会したような気分です」〜Sさん・・・

テーマ:
ここ数ヶ月で、内面に大きな変化がありました。詳しくは後日コラムにしようと思いますが、人生における「成果を示す時期」を終えたようです。

今日は、そんな変化の時期のコラムです。「自分」が確立することで、世界が大きく開けていくよ、というお話。

コラム:自分が確立すると、世界が開ける

自分が確立すると、新しい環境に飛び込んでいける

 
昨年あたりから「主催者の思想が濃い世界」を楽しむようになりました。NPOを訪ねたり、貧困問題に取り組んでいる湯浅誠さんの講演会に行ったり、見知らぬ人どうしで一緒にごはんを食べるイベントに参加したりしています。
 
あるときは人間や心について深くとっぷり話し、あるときはごはんを食べながら「おいしいですね」とのんびり雑談する。話題が深くても浅くてもOKで、それぞれのイベントを楽しんでいます。
 
誰かの世界に出かけて、陽だまりのネコのようにのんびり過ごす。相手の世界をただ味わう。そんな風に存在できるようになったのは、「自分」というものがある程度確立したからだ、と思います。
 
「誰でも歓迎ですよ」と開かれた世界もあれば、思想が濃くて「こういうところがある」と人づに聞いてしかたどり着けない世界もあります。
 
私は、昔は主(ぬし)の思想が濃い場所とあまり縁がなかったのです。人づてにおすすめされても、なんとなくぶつかりそう、怖そう……と思い、避けていた。
 
自分が確立したことで、相手の濃い世界ーー思想や考え方を恐れたり、反発したり(!)することがなくなった。自分が確立しているから、自分のままで相手の世界に滞在できるし、味わえる。物理的にも思想的にも出かけられる場所が増えて、世界が広がりました。
 
 

万人向けでない、振り切った世界

 
そんななか、先日、振り切ったカフェに行きました。本を読むために作られた、静けさの保たれたカフェ。店主の作り出す濃厚な世界に包まれ、感嘆して帰ってきました。
 
★どんな世界だったか言葉で説明するのが難しいので、ぜひカフェのHPをご覧ください。
http://fuzkue.com/
 
★店主の思想にあふれたブログ。秀逸。
http://fuzkue.com/entries/538
 
 
静かなカフェで今後の人生を考えようと出かけたのですが、店主の圧倒的に濃い世界に触れて、考えごとどころではなくなりました。このカフェで考え事したら影響されるぞ!と。(まだまだ未熟者。笑)
 
「自分」がなければとても滞在できない、濃い世界。その場に漂う思想を味わうことは、とても気持ちのよいものでした。
 
私はいま、誰かの思想が濃く表現された「振り切った世界」がとても好きです。そして、自分自身ももっと濃くありたいと思っています。
 
 

自分をもっと濃く表明したら、なにが起こる?

 
自分の考えや深い思想を文字にすること。
 
自分が濃ければ濃いほど相容れない人も増える。自分を濃く打ち出すのは怖いことですが、同時に、とても楽しみです。
 
人間は相互に影響しあうので、どんなに濃く打ち出したとしても、長い目で見れば独りよがりにはならない。
 
自分の思想を、濃く濃く濃ーーーーく煮出したなら、なにが生成されるだろう? どんな世界が開けていくだろう? その世界を訪れた人々と、どんな相互作用があるだろう?
 
そんなことを考えながら、変化の時期を過ごしています。




<個別相談>
【適職診断】:自分に向いている仕事を知りたい方へ
【なんでも相談室】:繊細さや人間関係を相談したい方へ

引用元:自分が確立すると、世界が開ける

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.