入院生活で毎日毎日同じことを思っていましたが

 

このことは仕事でも非常に重要な考え方だし、自分への戒めにもなると思って書こうと思いました。

 

 

リハビリスタッフは圧倒的に「患者から傾聴する姿勢が足りない」と思います。

 

もう一度書きますが、自分への戒めとして思う事を描きます。

 

 

僕が出会ってきたほとんどのリハビリスタッフが僕の「心」の状態を熱心に聞こうとはしませんでした。

少なくとも僕はそう感じました。

 

リハビリスタッフは学校でリハビリに関する知識を大量に得ており、リハビリの実践の経験も豊富にあります。

 

ですので、リハビリの時間の最中はほぼ一方的にリハビリスタッフの話を聞いてました。

ずっとリハビリスタッフの持っている知識を聞かされてました。

大体この年まで生きていれば男だったら筋肉に関する最低限の知識は持ってますみんな。

ですが、リハビリスタッフは丁寧にちゃんと1から説明してくれます。

 

知っていることを説明されるほど退屈な時間はありません。

 

だから僕も妻もリハビリの時間は本当に苦痛でした。

長い人の話を聞かなければならないから。。。

 

 

そうしているうちに心が追いつかなくなってきて、「リハビリやりたくない」と言う反発心に変わってきます。

自主練もやらなくなってリハビリもかなり消極的になりました。

 

これがリハビリスタッフのせいだとは言うつもりはありません。

僕のくだらない反発心のせいだと思います。ただそういう風に考えた事は事実です。

 

これって僕だけでしょうか?いいえ、人は皆嫌なことが続けばそれに対して反発する生き物じゃないでしょうか。

 

リハビリスタッフは「この場合はこうだろう」と言う方程式が自分の中にあり、実際にそれはほとんど合ってます。

 

そして体は物理的なのでその方程式を当てはめれば大体良くなります。

 

ですが、患者の心がそれに反発してしまうのです。

 

人に長々と説明されて強制されてたとえそれがうまくいくことだとしてもなぜか反発してしまうのが人の心です。

 

 

 

これは仕事にも当てはまるんじゃないでしょうか。

 

部下の仕事の仕方について上司は「答え」を往々にして持ってます。

 

これを部下にばーっと説明するのが1番簡単な方法です。大体それでうまくいきますから。

 

ですがこれを繰り返していくと部下は心がついていかなくなる。そして反発するか、仕事に心が入らなくなる、つまり熱心じゃなくなる。

 

ビジネスマンとして一番重要なのは人格。次が熱心さ。です。

 

部下の熱心を奪うのは往々にして上司です。

 

ですので、リハビリ入院生活から僕は「傾聴」が人の上に立つ者として本当に重要だと感じました。感じたというか、体感しました。

 

僕はこれから、とにかく人の話を聞く。聴いて聴いて聴きまくる。

それを念頭において忘れないようにしていきたいと思います。

 

部下と話していて、

自分の発言量>部下の発言量

になってたら僕は良くない状態だと思います。

 

自分3:相手7

位でちょうど良い。

 

相手の話を聞いて聞いて、

そして質問でコーチングする。

質問に寄った指導。

 

ビジョナリーカンパニーにもありますが、「良い指導者は質問によって指導する」

 

この法則をぜひ守って行けたらと自分に言い聞かせる。

 

と言う話でした。

 

 

 

 

リハビリスタッフさんには本当に感謝してます。

ネガティブなことを書いてすみませんでした。

 

病室で一蘭を作ってくれた和田さん。

ラーメンの器もわざわざメルカリで本物の一蘭の器を買ってくれたらしい。10,000円笑

 

 

 

 

 

去年行った競馬。

ギャンブルは好きじゃないけど競馬好き。

個室をとってちょびちょびかける。酒を飲みながら競馬場のおいしいご飯を食べる。最高!!