ヒンジが壊れたー | パソコン修理の『ゆーもあねっと』

パソコン修理の『ゆーもあねっと』

常に全力でバカをやり社会にとって唯一無二の存在になる。

『ノートパソコンのヒンジの部分が割れて、

 パソコンが開けなくなったんですけど、なんとかなりますか?』


新規のお客様より、ご相談をいただきました。
メーカーに相談したら、2万~3万円かかると言われ、
ネットで修理できるところがないか探していたところ、ゆーもあねっとがヒットしたそうです。

ただ、私も状況が分からないので、

「とりあえず拝見させてください。
 もし、修理ができなかった場合は、費用を請求することはありませんから。」


と、お答えし、お預かりしました。



問題は、右側のヒンジ。
おそらく、ねじの留め具が壊れているんでしょう。
キーボードを外して、外枠を外していきます。



ヒンジをねじの雌側が割れて、ヒンジが固定できなくなっていました。



とりま、ヒンジをあるべきところに戻して・・・。

ただ、もう一つ問題があって、写真のように
WiFiのアンテナケーブルが切れていたんですね。

なんとかつなごうと思ったんですが、
元が短くて、つなぐことができませんでした。

あくまで今回の修理は、ヒンジとを直すことなので、
ここはちょっとおいといて、そちらに集中することに。



ヒンジをあるべきところに戻したところで、
電ドリで穴と開けて・・・



底板めで貫通させて、ねじとナットで固定しました。
これで、底板とヒンジは固定できました。

ただ、これだけでOKだけではなく、取り外した上板とヒンジも固定しなければなりません。



上板のヒンジとねじを留める雌の部分。
やはり同様に、割れて外れていたのですが、とりま接着剤で留めてみました。

しかし、ねじの固定の強さにはあがなえず、すぐに外れてしまいました。

そこで、底板と同じように、ここにも穴を開けて・・・・





こんな感じで固定しました。

これでノートパソコンの開閉もスムーズに行うことができました。

今回は、あくまでもシャーシの問題だったので、
パソコンそのものの動作には支障ありません。
ただ、無線LANだけは、感度が落ちてしまいましたが(^_^;

ちなみに、修理費用は1万円以下。
お預かりして、翌日にはお返しといったスピード修理です(自画自賛w)。
お客様も、メーカーに出さずに修理ができてよかったと大変喜んでいただきました。

そうそう、この修理法の発想なんですが、
豊橋市広小路にあるコワーキングスペース『トライアルビレッジ』のオーナー柴田篤さんが、
自分のノートパソコンを同様の理由で、強引に修理していたんですね。

それを思い浮かべながら、ちゃんとパソコンが閉じられるように
ねじの選定を慎重に行いました。

ご用命いただき、ありがとうございます。