こんばんは照れ


『く』

苦肉の策があり、

苦渋の決断があり、
(万策尽きて)

苦難の道となり、

その道が永遠に続いていくと人は思う。


でも全ては、


右へ行くのか左へ行くか

はたまた真ん中を突っ切るか。


人生は決断の連続で、


その決断前に、

苦肉の策を思う存分弄したとしたら、

その後は

苦難の道であるだろうって皆んな思うけど、


その実

本当は、


その決断でもう全ては決まっていて、


決断したなら、

苦難が訪れるはずはない。


だって、

決断したんだもんね。


決断したなら、

どないかなるさ照れ


どないもならんと、

膝を抱えるのは、


決断が決断ではなかったか、

あるいは、

決断させられたと自らが思っているか。
(仕方なしに選ばざるを得なかったと
思っている。)


だったら、

遅いことはありません。


再度、


今、


決断すれば良いだけ。


腹括る。

腹を決める。

腹を据える。


ってことは、

自らの言い訳と退路を断つこと。


それが、


自由


というものの本当の正体です。


不自由に生きてませんか?


素敵な夜を照れ


本日の生き塾ブログは、

決断←こちら


ココロテラス
つむらけんじ