『チャイルド・スポンサー』 | 今すぐはじめて!『犬の腸活』

今すぐはじめて!『犬の腸活』

人間の食の問題は、人間だけじゃなく、犬にも影響しています。
添加物の摂取、腸内環境の整備。
実際にコニーもリリーがも腸活を始めてからの体の変化、犬たちを取り巻く飼い主さんたちへの犬からの警告をお伝えしています。




こんばんは✨
カイヌシさんとイヌのシアワセを願う小園恵子です。 


今日は
一日風が吹いて
爽やかでした。


午後から
若尾 守康 (Moriyasu Wakao)
さんのご紹介で


ワールド・ビジョン・ジャパンさんの

のイベントに
参加させて
いただきました。
 

 


『チャイルド・スポンサー』

戦争や
自然災害
貧困などが原因で

子供の頃から
家計を支えるために
働かなければならず


学校も行けず
もちろん必要な教育を
受けることも出来ない


学校へ行きたくても
行くことが出来ない


世界中に
そういう環境の中に
暮らしている子供たちが
たくさんいます。 


その子達が
学校へ行くことができる
そんな環境を
整えるために
スポンサーになる。 
もしくは
なっておられる方達が
意見交換をされる
という目的で
みなさん集まられて
いました。

 


 


私たち日本人は
今でこそ平和で
恵まれているのが
当たり前に
なっています。 


第二次世界大戦後の
日本は
隣近所みんなで
力を合わせて
助け合って
手を取り合って
暮らしてきました。 


手を取り合って暮らす。 


今の日本には
当時の人々の思いは
見受けられなく
なりつつあります。


私はまだ
スポンサーに
なっていませんが
既にスポンサー歴
10年を超えた方が
たくさんおられ
ディスカッションを
されておられました。


かつては
支援といえば
お金や物資を
届ける。


そんなイメージが
ありました。 


ところがそれは
届けらた人達にとって
決していい結果を
得られないことが
わかり始めました。 


人は
お金や物資を
簡単に手に入れると
もちろん感謝はしますが
当てにするように
なってしまう人が
とても多いのです。 


もし何かの都合で
その支援が途絶えた時
支援されていた人は
途絶えた瞬間から
生活できなくなります。 


でも
『生きていくすべ』
を教えてもらえば
何かあったとしても
その『すべ』を使い
生きていくことが
できます。 


それは
私たちが今
しようとしていることと
とても似ています。 


動物達を
レスキューして
里親さんに渡す。 

とても素晴らしく
大切な行為です。 


けれどレスキューや
センター、保健所からの
引き出しをして
命を繋いでくれる
それを知ってしまうと
簡単に命を
捨ててしまう人は
後を絶ちません。 


保護してくれる人が
いたとしても
手放さない
カイヌシさんが増えれば


保護という活動は
減るはずなのです。 


簡単に手に入る環境を
無くすには
簡単に手放さない
カイヌシさんを
1人でも増やすこと。 


それは
とても今必要なこと。 



イヌが

なぜ咬むのか
なぜ吠えるのか
なぜ逃げるのか


全てではなくても
まずはその中の
ひとつでも知ることで
イヌとの暮らしは
見違えるように
変わります。 


5月18日付けの
中日新聞の地方版
『わっちとおまはん』に
先日の、わんわん交流会の
様子を写真入りで
掲載いただきました。 


直ぐには解決出来なくても
一人一人が
できることをやっていけば
必ず成果はでます。 


やらなければ
成果が出ることは
ないでしょう。 


一人一人が
『命の重さ』を
実感して
一人一人が
今目の前のできることを
一緒にやって行きましょう。 


これからも
よろしくお願いします。 


-----------------------------

皆様のご支援で
シアワセになる
小さな命があります。

1人でも多くの方に
ご支援を
お願いします。

クラウドファンディング
公開中です。

『愛犬が伝えてくれた
本当のイヌの幸せを伝えたい!』


-----------------------------