3回に分けて連載するから、3回目までコメントは遠慮してな。3回目 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

3回に分けて連載するから、3回目までコメントは遠慮してな。

 

3回に分けて連載するから、3回目までコメントは遠慮してな。2回目

 

 

最終回の今日は「世の中の価値基準」について書く。

 

 

先日行ったアンケート。

その回答はほとんど似通ったものだった。

 

 

「有料でやらないって言ってたのに・・・」

「小遣い制なので・・・」

「印と買い目を出すなら・・・」

「回収率〇〇%を出してくれるなら・・・」

 

 

ネットニュース全盛の世の中。

人々は中身まで見ようとせず、言葉をダイレクトに受け取ってしまう。

基準を狂わせたのは、ある意味yahooの功罪だ。

 

 

俺はアンケートの際、

 

 

「俺のブログに、いくらまで出せる?」

 

 

と書いた。

 

 

なのになぜ

 

 

「とうとう有料ですか。ガッカリです」

 

「的中・回収率を示すべきでは?」

 

 

って的外れな意見が出てくるんだ?

 

嵐の活動休止会見で「無責任では?」といったヤツと

頭の構造たいして変わらないぞ?

 

 

モノを創造するには、莫大な時間と労力がかかる。

いったい誰のため、何のためにやっているのか・・・

ふとそんな感覚に襲われる瞬間が訪れる。

 

 

俺にとって、昨年末がその時期だった。

 

 

なんとなくルーティン化したブログにルーティン化したコメント。

気付けば俺は「よくある競馬ブログ」に取り込まれていったわけだ。

言うまでもなく、変化を怠った俺の責任。

読者のみんなには本当に申し訳なく思う。

 

 

「いまのブログはいくらの価値があるのか?」

 

 

その基準を見極めたうえで新しい変化を加えようとしたのだが・・・

なぜか俺が有料会員を募る方向に話が進んでいった。

 

 

何回も言わせないでくれ。

 

 

俺はブログでお金を取るつもりなどない。

 

月額課金のメルマガや会員制サイトも同様。

 

今までも、これからもだ。

 

 

俺の価値基準はハッキリしている。

 

 

「読者全員に勝てる思考を身につけてもらう」

「人間の思惑を通じて競馬予想の面白さ、奥深さを伝える」

 

 

それがお金に困ったから有料にシフトするだと?

そんなわけねーだろが。

 

 

俺の価値基準を伝えたところで、読者には真剣に考えてもらいたい。


俺のブログの価値基準をどこに見出している?


「先々週はありがとうございました!先週は残念でしたが・・・」


こんな思考がよぎったあなたは「的中不的中」が価値基準。
俺が伝えたい基準からは程遠いが、決して悪いことでもなんでもない。
大事なのは自分で判断し、的中を引き寄せる決断をしたことだ。


「先週はヒントと自分の予想と合わせて函館記念をとりました!」


こんな思考のあなたは「予想精度を上げる情報GET」が価値基準。
この思考にたどり着くのはそう簡単にできることではない。
読者自身が持つ競馬知識を前提にしつつ、
予想の補完ツールとして俺の情報を得ているわけだからね。


課金アプリとかはまったくやらない俺だが、
10年以上金を払い続けているがJRAのTARGETだ。
俺はあれに1万円を払える。
対価として1万円を圧倒的に上回る情報を得ているからだ。


俺が懇意にしている情報提供者は、メチャクチャ頭が良い。
みんな勘違いしているかもしれないけど、
アイツら身なりも言動も超一流のビジネスマンなんだわ。


そしてヤツらは、誰よりも努力している。


競馬予想で「努力」って言われてもピンと来ないだろ?

でも先週の結果を振り返ってレースを見直して、
道中の不利や出遅れ、なぜあの騎手はインを譲ったのか?
そもそもなぜ騎乗依頼を断らなかったのか?
思惑を読み解く過程で、TARGETは便利ツールとして役立つんだわ。

レーシングビュアーも同じ。

 

 

・・・と言っても、なかなか頭で理解するのは難しいよなぁ?

 

 

そこで、だ。

 

 

俺のブログ「ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~」

が人気ブログランキング(中央競馬カテゴリ)で1位になったら、

先週土曜日に出したレベルの情報を配信することを約束する。

もちろん無料で。話は通した。

 

 

結果的に俺が望む「人気ブログランキング上位」を潰すことに

つながるし、俺にとって願ったり叶ったりだからね。

 

 

ただし、前と異なるのは

 

 

→このレースの注目馬は人気ブログランキングへ

 

 

的な誘導の仕方は一切やらない。

 

 

添えるのは

 

⇒ヒューマン馬券師KAIの考えに共感したら人気ブログランキングへ

 

この一文のみだ。

 

 

色んな思いが交錯しているだろうから、コメントでぶつけてくれ。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ