2018ジャパンカップでのサトノダイヤモンド分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

サトノダイヤモンドは、そんなに強くないぞ。

 

 

2018京都大賞典展望。のはずだったんだけどさ

 

前走なんて、叩き台の連中しかいないクソメンバー。

格上挑戦の牝馬が2着に来る程度のレベルだ。

 

 

それを勝ったから完全復活だぁ?

 

どんなに頑張っても3着が限界だろこの馬。

 

 

別に恨みがあるわけじゃないが、

池江師のコメントがほとんどを物語っているよな。

 

 

「年をとって少しズブさも出てきたかな」

 

「若い頃のピークに戻すのはなかなか難しいもの」

 

「距離はいいんですけど、坂が得意じゃないのでね」

 

「偶数に越したことないですね。大外でもいいので」

 

 

どんだけ保険打つんだよ・・・(笑)

 

 

俺はこういう面があるから池江師のことが好きだ。

美浦なんかにはホラ吹き調教師がちょこちょこいるが、

この人のジャッジはほんとに的確。

 

 

「連対ゾーンでは一銭もいらない馬」

 

 

サトノダイヤモンドはこのスタンスで良い。

 

 

てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
サトノダイヤモンドの名前は入っていない。
あと1頭、穴馬を追加しといたぞ!

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス