2018エリザベス女王杯でのリスグラシュー分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

なぜ東京新聞杯を今年の始動戦に選んだのか?


ヴィクトリアマイルを獲るためだ。


リスグラシューに関してはこれがすべてだろ。


2歳時に阪神芝外回り→東京と使って、
そのあとは王道路線を邁進。


年が明け、路線をマイルに専念。
出がらし状態だった安田記念は別として、
典型的な東京向きハーツクライ産駒だわ。


府中牝馬S当時のデムーロは代打騎乗。

モズカッチャンがいる以上、次に乗ることはない。
ならば目先の金を獲りに行くに決まってるよな。


府中牝馬S当時、デムーロの状況はこんな感じ。


・ラブカンプー→セントウルS2着(ネロに絡まれる)

・サトノワルキューレ→ローズS6着(クソスロー)

・コパノキッキング→大スポ杯4着(自滅)

・エタリオウ→神戸新聞杯2着(直線フラフラ)


気分屋のデムーロからしたらストレスMAXだろーなー!(笑)


そんな状況で巡ってきたリスグラシュー。
多少余裕残しだったとはいえ、得意の東京なら
100パー勝てると思ったんじゃないか?



斤量文句なし。

展開文句なし。

仕掛けのタイミング文句なし。


「本番デムーロ仕様」でガチ追いで負けだろ?
エリザベス女王杯への余力、本当にあるのか?



京都向きの持続力ある末脚って感じがしないし、
俺のこの馬に対する今回の評価は低い。
中間の気配次第では「一銭もいらない」リストに
入る馬だと思っている。



てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
リスグラシューの名前は入っていない。
現時点での注目馬を載せといたからチェックしといてくれ!

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス