2018菊花賞でのエポカドーロ分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

この馬ね・・・


前走はびっくりしたわ。


俺は1番手評価に推してたんだが、その理由が


「9割以上、仕上がっている」


との情報があったから。
要するに春から何も変わってないんだよね。


俺は「オルフェーヴル産駒早熟説」を唱えている。


あの当時の種牡馬レースはディープ1強。
たまにハーツやステゴが良い仔を出す程度。
ルーラーシップは期待はずれだったしな。


となると、世界的なネームヴァリューのある
オルフェーヴル産駒は早くから名を売りたい。


その結果ラッキーライラック&ロックディスタウンが
2歳GI戦線に早くも名乗りを上げたわけだが、
2頭がいまどんな感じはお察しのとおりだ。


少し訂正するぞ。


オルフェーヴル産駒は早熟。

「ただし、現3歳世代に限る」


ってなこった。


馬格もないし、当歳から評判も決して良くなかった。
これ以上種付け料が下がってセリで売れないのは避けたい。
だから無理をしてでも早めに馬を仕上げる。



その結果が、現3歳世代のオルフェーヴル産駒だ。


エポカドーロは日高の馬だから多少違うが、
母ダイワパッションは3歳春を最後に勝利なし。

ここからワンランク上に成長するか・・・
俺はそうは思わない。


ひと雨降ればまた変わったんだろーけど、
週末京都は好天が見込まれている。
皐月賞みたいな奇跡の展開にならない限り、
「3着以下」は間違いないと俺はみている。


「3着」の可能性を残したのは心肺機能が強いから。
これは裏情報提供者が口を揃えて言っていたんだわ。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
エポカドーロの名前は入っていない。
あと1頭、昨日に続いて穴馬を追加しといたぞ。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス