2018菊花賞でのエタリオウ分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

マジでこれが1番人気か?(笑)


株の格言に「まだはもう」「もうはまだ」がある。
ルメールが市場を独占する秋競馬で、
そろそろデムーロが・・・って心理が働いてるのかな。


で、エタリオウ。


要は「1勝馬」ってことなんだわ。


勝てない馬には勝てない理由がある。
どうあがいたって負けた馬が勝った馬より
強いわけがない。


先行しては差される。

差しては届かない。



唯一の勝利は大マクリを打ったときだが、
それで菊花賞を勝てるのはゴールドシップだけ。
あんなスタミナお化け、比較にすらならんわ(笑)


つまり、だ。


ここでデムーロが狙うのは「漁夫の利」。
GIであの騎手が得意とするやり方だな。
良くて2着だよ、この馬。


デムーロは来週スワーヴリチャードに騎乗。
万が一騎乗停止で乗り替わりってなったら、
もう手元に戻ってこないかもしれない。


松岡も、

浜中も、

福永も。



立て続けに怪我や騎乗停止が続くと、
関係者からの信頼はガタ落ち。
その結果、松岡浜中はあの有様だ。


デムーロは社台に守られてる?
社台はそこまで過保護じゃねーよ。


石橋脩と北村友一の大プッシュが良い例だけど、
仮に騎乗停止やラフ騎乗、怪我が続くと


「おめぇーの席ねーから!」


って社台はアッサリすげかえるぞ?


エタリオウのレースを見た人ならわかると思うが、
あの馬は右回りだと右にササる。
前走は他馬に迷惑をかけない大外、
それでも最後は左ムチで内にササってたからな。


デムーロの天皇賞(秋)も踏まえて


「本命にすることのない馬」


って評価かな。



てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
エタリオウの名前は入っていない。
あと1頭、昨日に続いて穴馬を追加しといたぞ。
このコンビ結成は勝負気配が漂う。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス