2018宝塚記念のヒューマン馬券術的展望。 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

昨日サラッと書いた「函館の降級馬」みんな獲ったよな?


該当馬14頭の単勝ベタ買いでも回収率128%。
ローテーションをみれば函館10Rのクリノレオノールが
勝負駆けなのは明らかだから、

狙い撃ちした読者もいると思うけどね。


てなわけで、宝塚記念だ!


今は稍重なわけだけど、メインまで乾くのは難しそうだな。
もし良馬場だとしたら、JRAが売り上げを伸ばすために
馬場発表を盛ったと考えてもらっていい。



となると、サトノクラウンをどうするかだな。


1週前まではひどい仕上がりだったが、
ここにきてグンと状態が上向いてきた。
俺の情報筋も急激にトーンアップしていたし、
少なくとも悪い状態からは脱したと思う。


あとはどれだけ道悪が残るかだが、
バシシューと手が合うとは到底思えん(笑)

ただ本人としてはモレイラ通年免許取得となれば、
堀厩舎からの乗り鞍は間違いなく激減する。
いいところを見せるためにヘグリは禁物だよな。
お得意の3着を考えたい。


ストロングタイタンは週頭に注目馬としていた。


先週までの高速馬場を見越しての評価だったんだが、
こうも馬場が替わると評価もチェンジしなきゃだよな。
これもヒモ穴候補。


パフォーマプロミスはローテがいい。


藤原英厩舎の叩き2戦目は説明不要だと思うが、
俺はてっきりデムーロのセット騎乗を想像していた。
まだ当時は宝塚記念でどの馬に乗るか決まっていなかったから、
デムーロも次を想定した乗り方だった。


昨日、ナカヤマフェスタ産駒が激走しちゃう馬場だったし、
ヘタにひねらずステゴ産駒でいいんじゃねーか?(笑)


ダンビュライトは香港が余計なんだよなぁ・・・


時計のかかる内回り適性は出走馬中TOP3に入るレベル。
ただ俺のなかでルーラーシップは使い減りが激しいイメージがある。
ポテンシャルの高さを持て余す、W杯のアルゼンチン的な。

古い例えだが、ローゼンカバリーに良く似た馬。
ここもヒモまでの評価かな。


ワーザーはボウマンが怖い。それだけ。

ゼーヴィントは池添が怖い。それだけ。


「一銭もいらない馬」は⇒人気ブログランキングで確認してくれ。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス