2018宝塚記念でのキセキ分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

基本的に、デムーロが2択を間違えることはほとんどない。

アドミラブルとペルシアンナイト。ペルシアンナイトとレッドファルクス。
昨年のGI戦線はヤツが選んだ馬を狙うだけの簡単なお仕事だった。


で、キセキ。


デムーロのこの判断はどーなんだ?


俺の情報筋の話だと、デムーロには選択肢があった。
キセキに乗るか、パフォーマプロミスに乗るかだ。


そしてこの2頭、実に面白い関係性にある。


まず日経賞。


キセキはルメール騎乗。
デムーロが藤原英厩舎のトーセンバジルに乗るためだ。
これは天皇賞(春)も合わせたセット騎乗だな。


そして目黒記念。


パフォーマプロミスはデムーロ騎乗。
藤原英厩舎の馬で、賞金的に宝塚記念とのセット騎乗も可能だった。
ところがデムーロはキセキを選んだ。


キセキがパフォーマプロミス以上の馬なのか?


去年までの冴えてたデムーロならいざ知らず、
今年のGIデムーロはハッキリいってひどい。
ぶっちゃけ、今の判断力に疑問が残るわけだ。


・・・これ、2択間違えたんじゃねーか?(笑)


キセキに乗る理由を考えたとき、秋競馬を見据えたのかもしれない。
キセキは左回りの芝2000mで負け知らず。
しかも1分56秒9という半端ない持ち時計がある馬だ。


スワーヴリチャードとの兼ね合いにもよるが、
あの馬の秋の大目標はジャパンカップだろう。
あくまで順調にいけばの話だが、
俺はスワーヴ-アーモンドアイの馬連にぶっこむ予定だからね。


俺は菊花賞がキセキのすべてを狂わせたと思っている。
もともと出ない予定が急遽参戦→極悪馬場で勝利。
あの競馬でダメージゼロの馬なんていないだろ。


十中八九、一銭もいらない馬だ思うが、気になるのは馬場。
日経賞をみればわかるように、キセキは折り合いに難がある。
だからこそ菊花賞のような馬場だと上手く折り合える。


ここはスローが濃厚だから、パンパンの良馬場でスローなら
前走の再現があってもおかしくない。
この馬は渋った馬場ならむしろ評価を上げたいかな。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
キセキの名前は入っているか確認してほしい。
それと今日の函館は降級馬が面白そうだ。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス