2018安田記念でのペルシアンナイト分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

種牡馬とオスカープロモーションは似ていると思う。


ある一定の時期に「推し」を作って、ゴリ推しをする。
一時期、武井咲と剛力彩芽を見ない日なんてなかったもんな(笑)


そんでもって、種牡馬。


ディープインパクト産駒初年度の「ゴリ推し」はすごかった。

【母がGI馬】
・シルクプリマドンナ
・レディパステル
・ビワハイジ
・メジロドーベル
・エアグルーヴ
・エリモエクセル

【兄弟がGI馬】
・ゴールデンサッシュ
・マンファス
・スカーレットブーケ

あとは数え切れん・・・


それと同じことがハービンジャーにも起こったんだよね。


【母がGI馬】
・シーザリオ
・チアズグレイス
・ダンスインザムード
・コイウタ
・ダイワスカーレット
・キストゥヘヴン
・レジネッタ

歴代最強クラスの母親じゃないか?(笑)


当時、ディープインパクト産駒をはじめサンデー系全盛。
社台ノーザンとしてキングカメハメハ以外の異血統を
入れることは至上命題だった。



だが、初年度の結果はハッキリ言って微妙。
高速馬場に対する危さが露呈したんだよね。


その流れを変えたのは昨年。


ペルシアンナイト、モズカッチャン、ディアドラと
産駒が同時多発的にGIを制した。
これは「馬場の影響」と陣営がハービンジャーの使い方を
ノウハウとして学んだことが大きいんだと思うわ。



モズカッチャン=叩き2戦目の秋華賞で一変

ペルシアンナイト=叩き2戦目の大阪杯で一変


この血統は叩き2戦目が勝負駆けなんだわ。


池江厩舎はハービンジャー産駒のオープン馬を多数管理。
ペルシアンナイトにベルーフ、プロフェットがその代表だ。
共通点は右回りでの圧倒的な成績かな。


ところが、左回りになると3頭合わせて【1-2-2-10】
ガクンとパフォーマンスが落ちているが、
これは偶然ではないと俺はみている。


昔、トニービンの仔は東京芝GIを勝ちまくった。
ところが右回りでのGIではほぼ用なしだった。
ハーツクライも似たような傾向があるな。


「ハービンジャー産駒は左回りでいらない」


池江師クラスの人が、それを知らないわけがない。
右回りかつ自身が得意とする叩き2戦目ローテだった
大阪杯が勝負仕上げであることは明白だ。

少なくとも上積みはないと思う。


それと馬場の話だが・・・


ディープインパクト産駒【13-9-14-69】複勝率34%

ハービンジャー産駒【1-1-1-26】複勝率10%


JRAの春の東京芝設定は露骨だよなぁ~!(笑)


断言する。

ペルシアンナイトは一銭もいらない。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
ペルシアンナイトの名前は入っていない。
それと1頭、新たに追加した馬がいるから合わせて確認よろしく!


あ、鳴尾記念はトリコロールブルーだろ。

ヒューマン馬券師KAIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。