2018ヴィクトリアマイルでのアエロリット分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

ここで戸崎かーーーーー。


JRA初GI制覇は安田記念だし、ヴィクトリアマイルは2勝。
サンデーレーシングはジェンティルドンナで有馬記念勝ちと、
馬主的にもマイナスはないとは思うぞ。


アエロリットはここ数年、休み明けでしか使われていない。
この手の馬はローテに文句をつけられてもおかしくないが、
適性がハッキリしているのが良いんだろうな。


牡馬相手にはちょっと足りない。

1800mを超えるとちょっと足りない。

右回りだとちょっと足りない。


「ドバイ候補」にすら挙がってもいないし、
今後海外遠征を敢行することもまずないだろう。
ここは完全に獲りにきた鞍だ。


となると、やはり気になるのは乗り替わり。


前走中山記念は2つの選択肢が考えられた。


クイーンSのように行ってしまうか。
次を見据えて控えるか。



結論から言えば後者だったんだが、
マルターズアポジーがいるからそうなるわな。


でもさ


折り合いが結構ギリギリだったんだよね。


俺が唯一懸念しているのはこの部分。
間違いなくカワキタエンカが逃げると思うが、
アエロリットはどういう形で番手を取るのか?


外枠を引いたNHKマイルカップは終始外々のコース取り。
一見距離ロスの激しい競馬と思うかもしれないが、
カーブがきつくない東京マイルはあれで持つ。
クロフネ産駒はミドル~ハイペースを惰性で走るほうが合うし。


先週の競馬を見る限り、
内枠を引いたほうが危険な香りがしてしまうかな。


仮に内枠を引いたら評価を落とす。
中-外枠を引いたら評価を上げる。



俺が考えているのはこんなところだ。


ちなみに折り合いについてだが、
騎手によってさまざまな「折り合わせ方」がある。


・前で折り合わせる→ルメデム、ムーア、モレイラ、小回りの川田
・後ろで折り合わせる→武豊、戸崎、GIの福永


横山典弘は・・・規格外すぎてわからん(笑)


ひとつ言えることは、
この人が逃げたときはあり得ないスローになること。
マイスタイルのダービーやミスパンテールの阪神牝馬S
がまさにそうだった。



あとは先週「KAIの一言」で出した馬場状態。


ディープインパクト馬場にもほどがあった先週。

例年ヴィクトリアマイルまでの春の東京芝は
「フレンチデピュティ馬場」になるんだが、
傾向が前倒しされている気がする。


先の話でアレだが、ダービーはインペタの馬が穴を開ける。
この傾向、今年は違うんじゃないかなと俺は感じている。


福永のワグネリアン。
サンデーレーシングのステルヴィオ。
バヌーシーのキタノコマンドール。


皐月賞差し損ねた組には最高の馬場が待っていると思うぞ。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
アエロリットが入っているか確認してほしい。
枠順と当日の馬場状態が鍵かな。

ヒューマン馬券師KAIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。