2018桜花賞でのアーモンドアイ分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

3戦2勝、負けたレースも含め上がり3Fはすべて最速。


・・・これはケチをつけられるぞ(笑)


まず前提として、シルクの主戦騎手は2人。


ルメールと、

戸崎だ。



木村厩舎との絡みで戸崎とプリモシーンは確定。
そんで新馬未勝利に乗っているルメールがアーモンドアイになった。
妥当な人選ではあるわな。


問題はローテーションだ。


プリモシーン→前走フェアリーS(1月)

アーモンドアイ→前走シンザン記念(1月)


どー考えても桜花賞を狙うローテじゃないんだわ。


シルクの馬には特徴があって、上の馬であるほど数を使われない。
ゼーヴィントやローブティサージュは使っても叩き3戦目まで。
セダブリランテスなんかもそうだな。


それが良い結果を招くこともあるんだが、反対もある。
俺の持論だが、クラシック戦線を勝ち切るにはゆとりローテじゃダメ。
「ぶっ壊す覚悟」で使わなきゃ勝てるモンも勝てないんだよね。


例えば去年の勝ち馬レーヌミノル。

叩き3戦目の桜花賞をピークに持ってった。


デムーロが前哨戦で脚を図ったジュエラーもそうかな。
レッツゴードンキに至っては逃げを試した。
アユサンは栗東滞在で究極の仕上げだった。


クラシックは、これくらいやんないと勝てない。

それを社台ノーザンが知らないわけないだろ。


じゃあなんでこんなローテを採用したのかって話だけど、
これはもう2択だよね。


「目標が次にある」

「壊すだけの覚悟がない」


後者の表現は語弊があるかもしれないけど俺は断言するよ。


アユサンも、ジュエラーも、シンハライトものちに故障している。
俺は馬主の知り合いもいるんだが、彼らは「リクープ」が口癖。
馬に投資した金額がいかに返ってくるか?っていう感覚だよね。


アーモンドアイもプリモシーンも、古馬になって活躍できる馬だと思う。

とはいえ、重賞を勝った以上GIを使わないわけにはいかない。

冬の馬場を激走した3歳牝馬を無理使いするわけにもいかない。


俺個人として、リスクを最小限にとどめた良い選択だと思うよ。


クラブ馬を抱える陣営の心理はヒューマン馬券の醍醐味。
年明けの悪い馬場で弱メンを狙って勝負仕上げを施した3歳牝馬が、
負担ゼロなわけないだろう。


もしここをアーモンドアイが勝てたら、それこそジェンティルドンナ級だ。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
アーモンドアイの名前が入っているか確認してほしい。
それと1頭、昨日から新たに追加した馬がいる。
このローテーションと中間の調整ぶりが素晴らしい馬だ。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス