2018桜花賞でのラッキーライラック分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

4戦4勝、その勝ち方もケチのつけようがない。


・・・どーやって分析すりゃいいんだ?(笑)


最内枠の超スローで馬群に閉じ込められない限り、
この馬が凡走するシチュエーションは想像できない。
三冠馬になれるレベルの馬だと思うよ。


ま、これで終わるのは味気ないから


「ラッキーライラックと石橋脩」に焦点を絞るとするか!


まずはデビュー戦。


ノーザンのクラブ馬に石橋脩?と思う読者もいたと思うが、
松永ミッキー先生は日本人騎手を重宝する調教師。
今年クラブ馬で勝った3頭の騎手内訳は、


・中谷雄太
・石橋脩
・藤岡康太


逆の意味でヤバくね?(笑)


そんな成り行きで石橋脩を乗せることに驚きはない。
ただ、この馬スゲーんだなと思ったのは次走かな。


アルテミスS当時、ウラヌスチャームという馬がいた。
GIレーシングの馬で、石橋脩が乗って新馬を勝った馬だ。


「ウラヌスチャームを取るのでは?」


あのとき俺が抱いた感想だ。


同馬を管理する斎藤誠師が、
もっとも勝ち星を挙げているのは石橋脩。
ワンスインナムーンとか、あの厩舎の主戦騎手なんだわ。


で、だ。


ウラヌスチャームとワンスインナムーン。


この2頭を「乗りたい馬がいるので・・・」と、
断りを入れるほど思い入れのある馬がいる。


それがラッキーライラックだ。


アルテミスSではラッキーライラックを選択。

香港スプリント当日もラッキーライラックを選択。



石橋脩のホレ込み方が異常なんだよね。


俺は阪神JFで確勝級の馬と評価したが、

2017阪神ジュベナイルフィリーズでのラッキーライラック分析


あれから順調に成長を遂げている。


前哨戦でライバルがあまりに無抵抗な競馬をしたのが
気になるが(本番へのまき餌かもしれない)、
包囲網を敷かれる馬主でも牧場でもない。

負けたらいよいよルメデムを用意する可能性もあるし、
石橋脩で三冠馬になってほしいと思う。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
ラッキーライラックの名前は入っている。
それと1頭、昨日から新たに追加した馬がいる。
逆転に向け何かを仕掛けるならここしかないだろう。

ヒューマン馬券師KAIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。