2018大阪杯での出走馬分析まとめ | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

今日は何頭かピックアップして分析するよ!


・ウインブライト

自分の持ち時計だけきっちり走るタイプ。
だから時計のかかる冬の中山はメチャクチャ合う。

高速馬場想定の阪神は絶対合わないだろうな~!
ここは一銭もいらない馬だ。


・シュヴァルグラン

三浦皇成を乗せて、次走はボウマンが決定。
こんなわかりやすい構図あるか?(笑)

どう考えてもここは叩き台。
3着なら考えたいが、連対するイメージはゼロだ。


・ダンビュライト

ただの道悪巧者だと思ってたんだが・・・
2走前の上がり3F33秒8には驚いた。
馬が変わってきた感覚をビンビンに感じる。

キツイ流れだった皐月賞を早めに動いて3着は立派。
警戒しておきたい1頭だ。


・トリオンフ

急激に力をつけてきたが、相手が弱かったのは確か。
ハンデG3→競合ひしめくGIはさすがに荷が重い。
ここは一銭もいらないかな。


・ペルシアンナイト

昨年秋のハービンジャー旋風はすさまじかった。
毎週のように雨で極悪馬場になる京都芝GIで3勝・・・
ああいう馬場だと最強クラスの種牡馬だ。

ただこの馬は高速馬場の皐月賞をこなしているし、
上がり3F33秒台の脚も使える馬。
勝ち切るとは思えないが、上積みは大きい1頭だ。


・ミッキースワロー

俺は日経賞を使えば良かったのにと未だに思っている。
未勝利戦、セントライト記念で使った加速ラップは
非根幹距離のスペシャリストを証明するものだった。

関西圏での実績がないうえ、前にいけない脚質の馬。
宝塚記念かオールカマーで大きく狙いたい。


・ヤマカツエース

プラス12キロの前走は明らかな叩き台。
賞金は足りてるし、無理する必要なんてないからな。
まあいかにも前哨戦らしいレースだった。

問題の本番だが、差す競馬ではライバルが多すぎる。
となるとサトノノブレスに突き放された内容が気に食わない。
上積みを認めつつ、あって3着かな。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
上記7頭のどれかの名前があるから確認してほしい。
裏開催でスカスカの関東も別の意味で楽しみだ。

ヒューマン馬券師KAIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。