2018大阪杯でのアルアイン分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

この馬、誰かに似てるんだよな~!


えっーと、あれだよアレ、あの馬だよ。


・・・思い出すまで時間かかるから後回しにするわ(笑)


ご存知のとおり、池江厩舎には毎年良い馬が入ってくる。


他が羨むような良血馬がわんさか入るわけなんだが、
特に現4歳世代はすごかった。


・サトノアーサー
・サトノクロニクル
・トゥザクラウン
・ペルシアンナイト
・クライムメジャー


池江厩舎の優先順位的に里見さん>クラブ馬となる。
その序列を崩したアルアインは大した馬だと思うわ。


で、アルアイン。


前走から川田が手綱を握ることとなった。


勘違いしている読者もいるかもしれないが、
池江厩舎の主戦騎手はルメールでもデムーロでもない。


「は?サトノダイヤモンドは?ルメールじゃん」

「は?ペルシアンナイトは?デムーロじゃん」


って普通思うよね?(笑)


あれ、全部馬主主導で騎手を決めてるだけだぞ。


サトノの主戦はルメールだし、GIレーシングの主戦はデムーロ。
先約がない限りこのランクが変動することはまずない。
読者のみんなには本質の部分を知ってほしいかな。


オルフェーヴルは池添。

ラブリーデイは川田。

ミッキークイーンは浜中。



日本人騎手を重宝する貴重な調教師ってのが池江師の正体だ。
外人を使うばっかより夢があっていいよな。


だからアルアインの鞍上が川田は「だろうな」って感想だった。
ルメデムが空いてたとしても川田だったと俺は思う。


川田についても話しておこう。


俺は川田を「もっとも信頼できる日本人騎手」だと思っている。
大外ブン回しを批判されることが多い騎手ではあるが、
なんていうか、言い回しが上手いんだよね。


(高松宮記念のファインニードル)
「ゴドルフィンにとって最初のGIを勝つことができたので感謝したいです」

(毎日杯のシャルドネゴールド)
「レース運びはスムーズで、あとは直線抜け出すだけというところでしたが、最後性格の難しい面が出たようです」

(オークスのハープスター)
「内にササりながらで、前に進みづらくなってしまいました」


ギリギリ「自分は悪くない」っていうラインのコメントっしょ?
 

 

川田はこのラインのレース後コメントがやたら上手い。
武豊の次ぐらいに上手いと思う。


余談だが、このラインのコメントが下手なのが福永。


「ノースペースでした」


なんて、見りゃわかるだろ(笑)


話を戻すと、川田に関しては相性も鑑みた判断だと俺はみている。
阪神芝2000mで単回収率119%、複勝率42.9%は普通にヤバイ。


それと馬場。


1週間を通じて晴れ予報の阪神。
気温も高く、野芝の部分はグングン生長するだろう。
雨が降らないから芝刈りも散水もできるな。

そんな馬場、ディープ産駒が合わないわけないじゃん(笑)


ファインニードル。
アルアイン。
リリーノーブル。
ダノンプレミアム。


GI戦線の旅路は良好そのもの。今年は川田の年になるぞ。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
アルアインの名前があるか確認してほしい。
それと1頭、新たに馬を追加した。

ここは余裕で差し切れるだろ。

ヒューマン馬券師KAIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。