2018中山牝馬Sで引退するクラブ馬の取捨 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

中山牝馬Sは「別れのレース」として知られている。


クラブ馬の規定で多いのが6歳春における引退。
このレースを最後に繁殖牝馬に上がる馬は多く、
有終の美を飾った馬もいるな。


例えばキストゥヘヴン。


中山重賞2勝のコース巧者である同馬。
休み明けの東京新聞杯を完全な「ヤラズ」で終え、
得意の中山でキッチリ巻き返した。
フラワーカップと同じ横山典弘に乗り替える徹底ぶり。


「あのときヒューマン馬券術を知っていれば・・・」


これはマジで思っていることだ。


社台系列の馬は特に気にしていることなんだが、
引退レースの勝負気配は割と読みやすい。
今年、引退レースとなるのは以下の馬だ。


・シャルール
 

・バンゴール
 

・マキシマムドパリ


シャルールは昨年に続く参戦。愛知杯を叩いてここに臨む馬だ。


去年はロスのない競馬をしたが、直線で伸びを欠いた。
あれ以上を臨むのはしんどいかもな。
バンゴールは左回り巧者だからなー。


そしたらマキシマムドパリか?


去年はホントに謎ローテだった。
愛知杯を勝ったあと、牡馬混合の大阪城S参戦。
あんな速い上がりの競馬じゃまず勝ち目ねーだろ。


ま、引退するクラブ馬は中山牝馬Sに限ったことじゃないし、
他のレースでも気に留めつつこの開催をみてほしい。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
マキシマムドパリの名前が入っているか確認してほしい。
俺はこのレース、荒れるとみているが・・・。

ヒューマン馬券師KAIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス