2018京都記念でのレイデオロ分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

「藤沢和厩舎は冬の休み明けでいらない」


これは定説だと思っている。


コディーノとかアヴニールマルシェとか、
古くはマチカネキンノホシとかジャリスコライトとか。
馬を大事に扱うこの厩舎が寒い時季に無理をさせるわけがない。


で、ルメールはオンオフをきっちり使い分ける。


レイデオロの皐月賞がまさにその典型だったけど、
本当に勝ちたい日本ダービーを前にすれば
皐月賞なんてただの試走に過ぎない。
ああ見えて結構シビアに割り切っている騎手なんだわ。


冬重賞で危い藤沢和。

オンオフを使い分けるルメール。



「一銭もいらない」を発動しようとしたんが・・・
なんだよ騎乗停止で乗れないって。


替わりの騎手次第では評価が揺るがない可能性もあった。
しかし、よりによってバルジューに乗り替わった。
これは非常にマズい。


読者のみんなはイタリア競馬の状況を知っているかな?

生産頭数は下降の一途を辿り、ダービーはG2に格下げ。
ロクに賞金も払われず、競馬界全体が衰退した。


そうなると、騎手は新しい場所に行き場を求める。
デットーリクラスなら引く手あまただと思うが、
ミルコデムーロは欧州で磐石の立ち位置とはいえない。
実績ある日本での通年騎乗を望むのは当然だ。


そこで、バルジューだ。


ハッキリ言ってJRAが通年免許を交付するとは思えんが、
一度受験した経験があるように本人は意欲十分。
藤沢和厩舎のダービー馬に乗るなんてまたとないチャンスだよな。


厩舎的には次が本番。
正直負けても問題ないだろう。
でもバルジューにそんなことは関係ない。


一気に買わざるを得ない馬になっちまったわ・・・


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
レイデオロの名前は入っている。
それと1頭、共同通信杯でやや穴っぽい馬を追加した。
ぜひチェックしてみてくれ。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス