2018東京新聞杯でのアドマイヤリード分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

戸崎はやっぱ信用できねーわ


完全にそう確信したのが前走だ。
スローになると十中八九、脚を余すからなぁあの騎手。
シルクじゃなきゃ怖くて買えん。


で、アドマイヤリード。


東京芝1600mはヴィクトリアマイルを勝った舞台だが、
当時は得意の渋った稍重かつ確変中のルメール。
メンバーも弱かったし、すべてがこの馬に味方した。


小回り向きの器用さに欠けるからクイーンS敗戦は当然で、
東京の渋った馬場の府中牝馬Sで巻き返すのも当然。
あのときはメチャクチャ自信あったんだけどなー。


今回はルメールが騎乗停止で藤岡康太が想定されている。
中京芝1200mだと神になれる騎手なんだが、
よりによって東京芝1600mかよ・・・


人間の思惑で儲けるヒューマン馬券術において、
予期せぬ乗り替わりはマイナスにしかならない。


ドバイを視野に入れているという話もあるし、
そこから逆算すれば良いステップレースにもなる。
幸い、予期せぬ乗り替わりで情状酌量してくれるだろーし。


俺の聞いた感触だと、勝負気配は薄い。


よほど馬場が味方しない限り一銭もいらないかな。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
アドマイヤリードの名前は入っていない。
それと東京新聞杯で追加した馬が1頭いる。
ぜひチェックしてみてくれ。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス