2018シルクロードSでのセイウンコウセイ分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

西山オーナーはホントに大作好きだな~!


てっきり前走で打ち止めかと思ったが、
もう一度チャンスを与えるとは思わなかった。
ま、実質ラストチャンスかもしれないが・・・


で、セイウンコウセイ。


前走はハッキリ言って物足りなかったな。


58→56キロの斤量減だったし、展開も楽。
誤算だったのはフィドゥーシアに外から被されたこと。
あの馬、被されると途端に走る気なくすからね。


だから絶対に避けなくてはいけないのが内枠。
スロ専のイメージもあるが、バカ速いラップを刻んだ
函館スプリントSで4着に粘った内容は
着順以上の評価を与えるべきだと思うぞ。



ちなみにアドマイヤムーン産駒は冬の京都芝の鬼。
1-2月の京都芝1200mで【3-3-1-10】複勝率41.4%は
さすがにヤバいだろ(笑)


西山オーナーの恩義にどう応えるか・・・

注目点はそこかな。


そういえば今週まったく触れていない根岸Sについて、
面白いコメントがあったな。



(前々走の武蔵野Sを振り返って)
「私も東京は走るものと思って見ていたから、ガッカリでした。後で冷静に分析すると、本人にも聞いたのですが、戸崎ジョッキーが乗り出してから差すレースが嵌まるようになったのです。グリーンチャンネルCの時も内田博幸騎手がゲートで出遅れたような感じで最後の瞬発力で勝ったのです。ですからほとんど後ろから行っているイメージがありました。武蔵野Sはスタート良くて、良い所に付けられたのに、わざわざ後ろまで下げてしまったのです。ですから、戸崎騎手がイメージを作っているからスローペースに嵌まってしまったのです。行った行ったの競馬になったのに後ろまで下げたのです。
 好位にいましたので、あのまま立ち回ったらちょうど良かったわけです」

ラジオNIKKEIからの抜粋なんだが・・・


音無さん、激おこなの?


だったら戸崎を降ろせって話なんだが、
本音はルメデムに乗ってほしいんだろーな(笑)
特に柔軟に戦法を変えられる権利を持つ
ルメールは、こういう馬がピッタリはまるし。


ヒューマン馬券術をやっていると実感するんだが、
競馬界の人間関係が一方的なときは流れが良くない。
キタサンブラックは清水師、黒岩、サブちゃん、
そして武豊が同じ方向を向いていたからね。



どの陣営が同じベクトルで臨むのか?


週中のコメントも参考になると思うぞ。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
セイウンコウセイの名前が入っているか確認してほしい。
それと根岸Sで1頭だけ名前を挙げておいたから、
合わせて確認してもらうといいかな。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス