2018AJCCでのミッキースワロー分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

この馬には思い入れがある。


セントライト記念での強さは途方もないものだったし、
菊花賞でもギリギリまで1番手評価にしていたぐらいだ。

菊沢&横山典コンビは良い意味で昔のニオイがする。
調教師と騎手が一丸となって馬を仕上げる、
いわば佐々木調教師と佐藤哲三のイメージだ。


で、ミッキースワロー。


横山典にはゴールドアクターの選択肢もあったが、
迷うことなくミッキーを取った。
俺はこの選択がすべてだと思っている。


特にデムーロなんかは目先の勝利を判断基準とするが、
横山典は「今回はダメでも次走、いや3ヶ月後や1年後には・・・」
という基準で馬を選ぶ傾向にあるんだわ。


改めてゴールドアクターとミッキースワローを比較すると、


【ゴールドアクター】
・7歳
・2戦連続で騎乗
・中山芝2200m重賞勝ち馬
・個人馬主
・非社台ノーザン

【ミッキースワロー】
・4歳
・2戦連続で騎乗
・中山芝2200m重賞勝ち馬
・個人馬主
・ノーザン


客観的にみて、どちらが伸び盛りか一目瞭然だよな。


いまの競馬界で「騎乗の自由」を与えられている騎手は少ない。
その希少的価値を持つ日本人騎手が横山典と武豊だ。
振り返るとアンカツもそうだったな。

 

横山典に替わったのミッキースワローが何をするか・・・
俺は「どのタイミングで先行策をとるか」に集中している。
有馬記念がそのベストタイミングとみているんだが。


ま、今からそんな先の話をしても仕方がない。


まずは目先のAJCCを勝たないとだよな。


俺が書いたここまでの感覚でわかると思うけど、
ここは昨年神戸新聞杯以来の大勝負をかける。
そしてその次走はどんな条件であっても
反動が気がかりだから評価を落とすことになるだろう。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
ミッキースワローの名前は入っている。
それと1頭、新たに追加した馬がいるから確認しといてな!

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス