2018AJCCでのゴールドアクター分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

横山典→武豊へのスイッチか。


個人馬主はこういうの利くからいいよな~!


キタサンブラック引退後、古馬路線に武豊のお手馬はいなくなった。
3歳馬でジャンダルムとグレイルがいるからいいんだが、
古馬はハッキリ言ってスカスカ。
「強奪」はルメールデムーロの専売特許に変わったし(笑)


で、ゴールドアクター。


1週前追いはお世辞にも褒められたものではなかった。
格下相手に遅れたし、本調子に程遠い仕上がり。
現時点で勝ち負けなんて無理だろ。


ただ、ひとつ気になることが


ダンビュライトにデムーロが乗ることだ。


武豊は皐月賞から菊花賞までダンビュライトに乗っていた。
音無厩舎にとって武豊はピンチヒッター的扱い。
アサクサゲンキで小倉2歳Sを勝ったときも
和田との兼ね合いが大きかったしな。


が、デムーロとなると話は変わってくる。


この路線はスワーヴリチャードがお手馬で、
シュヴァルグランも乗ろうと思えば乗れるだろう。
いまダンビュライトを取ったところで、
路線がバッティングしたら間違いなく他の馬を
選ぶはずなんだよね。


そんなデムーロを音無が乗せる意味・・・

「勝負仕上げ」を施すから以外あり得ないだろ。



東京新聞杯のブラックスピネル。

アザレア賞のアドミラブル。

三面川特別のレッドアヴァンセ。


「絶対に落とせない」タイミングでデムーロを起用する音無。
ってか話がゴールドアクターからダンビュライトになってるな(笑)


ゴールドアクターに話を戻そう。


仮に武豊がダンビュライトに乗れる可能性があるとしたら・・・
「ダンビュライトが本賞金を獲得できなかったとき」
しかないだろう。

露骨にサンデーレーシングの進路を塞ぐことはないが、
満足のいく騎乗をさせない、いやらしい騎乗をするかもな。
前がかりの展開なら「あの馬」が得をするわけだが・・・


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
ゴールドアクターの名前が入っているか確認してほしい。
最終追い次第でいろいろ変わってくると思うぞ。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス