2018中山金杯&フェアリーS&シンザン記念回顧。戸崎とシルク祭り | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

2018中山金杯&フェアリーS&シンザン記念回顧だ。

 

 

 

 

 

 


絵に描いたような戸崎&シルク祭り。

ちゃーんと予言していたから、
獲れていないってことはないよな?(笑)

2018中山・京都金杯での出走馬分析まとめ

 

俺はルメデムがいない土日が最大の狙い時と判断した。
だから人気ブログランキングの1番手に推奨したが、
年末に「もうやらない」といった手法をやったのは
俺からのお年玉だと思ってくれ。
もう一度言うが、もうやらないよ(笑)


この正月競馬で俺は月内の勝ち確分を確保した。
競馬は勝ち負けとどう付き合っていくかが重要。
だからこそ勝つときに「アホほど」勝たなくちゃいけない。
その強弱ができて、はじめて勝ち組になれるわけだ。



戸崎×シルクの3頭についても触れておくか。


セダブリランテスは俺が超ハイレベルとみた
アルゼンチン共和国杯の3着馬。
そんな馬が55キロ止まりなら負けようがないわな。


ただ、この馬は急なギアチェンジを要する展開が苦手。
スローの上がり勝負だと勝ち切れないと思うぞ。
同じシルクのゼーヴィントとよく似た馬だ。


プリモシーンは「今の中山」だから勝てた。


路盤改修以降の中山芝1600mは超絶外差し馬場。
その馬場で外枠を引いたんだから負けようがないだろ。
アネモネSなら普通に走れば勝てると思うが、
中山1600m以外ならどこを使われても負けるんじゃないか?


アーモンドアイはクッソ強かった。


強かったんだが、ダメージが残りそうなんだよな・・。


テンにいけない脚質は致命的だし、次走は様子見が懸命。
現状桜花賞へ向けて何も試せていない状況だから、
シンザン記念→桜花賞の直行ローテで臨むとしたら
「一銭もいらない馬」になってしまうかもな。



さて、今週は京成杯!


このレースはクラブ馬の祭典だ。

社台レースホース→2勝
サンデーレーシング→2勝
キャロット→1勝
ラフィアン→1勝


今年のメンバーをみると、

サンデーレーシング→コズミックフォース
キャロット→エイムアンドエンド、サクスデッド
ラフィアン→コスモイグナーツ


こんなふうに分類できる。


俺の狙い馬はこのなかにいるのか・・・
それとも別のラインから浮上してくるのか・・・


情報をしっかり仕入れてヒントを伝えていくよ。


てなわけで、現段階での裏情報注目馬はこの馬
人気ブログランキングに掲載なんだけど、
中間の情報次第では入れ替えるかもしれない。
逐一チェックしてくれるといいかな。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス