今年もやるよ!「読者が選ぶ2017年年度代表馬」! | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

去年もやったこれ。

今年もやるから、年末はみんなで競馬を語ろう!


第一弾は「読者が選ぶ2017年年度代表馬」!


ルールは去年と同じ。
世間の声はなーんにも気にしなくていいよってこと!
あくまで自分が思う年度代表馬だから、
名前がすき!馬券取らせてもらった!一口で持ってるから!
なんでもオッケーだ。


俺らは俺らの競馬がある!


競馬ファンから新聞代取ってるくせに肝心な情報を伝えない
アイツらへのアンチテーゼでもあるんだわ。
俺はアイツらの精神性が大嫌いだ。
競馬って、みんなでいろんな面白さを共有するもんだろ・・・


てなわけで、まずは俺が選ぶ2017年年度代表馬の発表!


栄えある2017年私的年度代表馬は・・・



ミッキースワロー!



別に奇をてらったわけじゃないぞ(笑)


セントライト記念はいろんなメッセージがあるレースだった。
松山で皐月賞を制したアルアインはルメールへ乗り替わり。
クラシックを勝った騎手がノーザンのひと声で
降ろされる時代になってしまったわけだ。

 

 

サトノクロニクルもそうだったな。

池江厩舎は割と日本人騎手を大事にしているが、
そんな厩舎でもデムーロを乗せるしかできなかった。


結局この2人か・・・


諦めムードを吹き飛ばしたのがミッキースワローだった。


同馬を管理する菊沢調教師は息子の一樹を乗せ続けた。
何度も失敗したが、それでも乗せ続けた。
これを「コネ」と言うヤツらはほっとけ。
俺がその立場なら、自分の子供がボロカス言われ続けるのに
はたして耐えられるだろうか?



そんな状況で乗り替わったのが横山典弘。

菊沢調教師の義理の兄にあたる騎手だ。



このプレッシャーはハンパなかったと思う。
菊花賞への切符獲得が至上命題の条件での騎乗。
乗り替わるにあたり、苦渋を決断だったことは想像に易い。
しかも相手はノーザンのデムルメと来たもんだ。


「権利を逃したらシャレにならねーだろーな・・・」


そう思いつつレースを見たが普段より前めの位置から運び、
完璧な騎乗ぶりでノーザンのデムルメに完勝。
このときは馬券を忘れて応援してたわ。


馬の強さも忘れちゃいけないな。


未勝利戦に続き、加速ラップでの勝利。
血統はいまの時代なら地味なほうに入るが、
ちょっとモノが違ったね。


俺、この馬来年超強くなると思う。


次走はAJCCを使われる予定とのことだが、
調整過程やレース内によほどのアクシデントがなければ
ほぼ間違いなく勝つと思っている。
中山芝2200mじゃ、負かせる馬なんていないだろ。


読者はどの馬を年度代表馬に推すのか?


コメント欄を使って好き勝手語っちゃって!
あ、コメントは全部読むし、必ず返すから!


それと


「惜しくも年度代表馬から漏れた2位の馬」


は⇒人気ブログランキングで公開してるぞ!

ヒューマン馬券師KAIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。