2017有馬記念回顧。ホープフルS展望 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

有馬記念回顧だ。

 

 

 

キタサンブラックが鮮やかな逃げ切りで有終の美。
俺が週前半に予告した通りの結果だった。


2017有馬記念でのキタサンブラック分析

 

注目すべき点はたくさんあったと思うが、
俺が見ていたのは清水久詞調教師。
ファレノプシスを担当していた厩務員さんだったんだけど、
ラストランを渾身の仕上げで勝っていた。

いろんなブログを巡回したが、
そこに着目したのはヒューマン馬券術の俺だけだな(笑)


最終追い切り翌日に「追加追い」をしたのは気になったが、
情報筋からの話を総合して問題なしと判断。
引退レースでも仕上げに妥協がなかった
クイーンズリングも直前に評価を上げた馬だし、
俺的に良い有馬記念になってくれたわ。

2017有馬記念のヒューマン馬券注目馬


ただ、ひとつだけ納得いかないことがある。


直線で3頭が受けた不利だ。


周りからは「ラフプレーのデムーロ」が悪いと聞く。
騎乗停止を喰らっているわけだし当然の声だが、
ちゃんとパトロールビデオを見直してほしい。


確かにスワーヴリチャードは内に斜行した。
ただ、デムーロは懸命に立て直そうという意思を示した。
あれは馬のクセによるものが大きいだろう。


問題はルメール。


さすがにダメだろ。


類似する騎乗を挙げるとすればリオンディーズの皐月賞。
ミッキーアイルのマイルCSもそうかな。
もちろん程度の差はあるからこその戒告止まりなんだが、
外の勢いを削ぐには十分すぎるものだ。
右ムチ連打で修正意思すら見せていない点も意味不明。
確信犯と言われても仕方ないと思うぞ。



それともうひとつ。


番手で福永池添川田がキタサンブラックを突かないことが
「忖度」と一部で言われているみたいだが、
あんたらバカか?とだけ言っておく(笑)


今年の有馬記念は2007、2010、2014年とよく似た展開。
前に行った馬が残る「先行馬&内枠有利パターン」だ。
GIを何勝もしている騎手がそれに気づかないわけがない。


そして武豊。


あの人が大舞台でペースを間違えることはほぼない。


だからこそそのペースを信頼して競馬ができるし、
池添なんか完全にカレンミロティックの天皇賞(春)の
再現を狙っていたのがミエミエ(笑)

そりゃそうだろ、シャケトラともども秋2戦は馬場と枠に
泣かされたんだから後方から行く意味ないだろ。


外枠のシュヴァルグランとスワーヴリチャードは後方で確定。
仮にそれに合わせて後方から進んだらどうなると思う?
それこそ忖度だろう。
後ろからキタサンの自滅待ちしてるような戦法を望んでいたのか?


末脚勝負ではハーツクライ産駒2頭に勝てない。
ならば好枠を活かし「勝つための競馬」をする。



福永と池添、俺は最高の競馬をしたと思うぞ。


さて、今週はホープフルS!


読者もみんなも同じ気持ちだと思うけど、
有馬記念終わったら競馬終わった感じしない?(笑)
ホープフルSにGIの重みはまったくないし、
初代GI王者を狙う陣営も今の感触ではどうも薄い。
JRA主導のマーケティングだら仕方ねーわな。


今年の有馬記念は24日。

25日が給料日の会社は多い。

台風や降雪で延期された月・火曜開催は、
通常時に比べて売り上げUPの事例もある。


そんな流れだから、あまり社台ノーザン気にしなくていいだろう。
有馬記念デーのホープフルSとは訳が違う。


てなわけで、現段階での裏情報注目馬はこの馬
人気ブログランキングに掲載なんだけど、
今のところ変えるつもりはない。
ここは単勝で仕留めたいところだ。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス