2017有馬記念でのシュヴァルグラン分析 | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

「キタサンブラックの叩き3戦目は危険」


宝塚記念後、さかんに言われていることだ。


キタサンブラックの成績をローテーションで分けると、


休み明け【4-1-0-0】

叩き2戦目【4-0-1-0】

叩き3戦目【0-1-2-1】


まー、そういう気持ちもわかるわな。


ただ、俺には不思議に思っていることがある。


「シュヴァルグランの叩き3戦目は危険」


この事実、無視されすぎじゃね?(笑)


シュヴァルグランの成績をローテーションで分けると、


休み明け【1-2-1-0】

叩き2戦目【2-1-1-0】

叩き3戦目【1-0-0-2】


2016年有馬記念に2017年宝塚記念。
ギリ入らなかったが、2016年宝塚記念もほぼ叩き3戦目。
ぜーんぶ、叩き3戦目で馬券圏外に敗れているんだぞ?


シュヴァルグランを管理する友道厩舎はわかりやすい。
同じ関西で言えば藤原英厩舎と同じで、叩き2戦目がピーク。
ヴィルシーナ、シングウィズジョイ、そしてシュヴァルグラン。
叩き2戦目でこそ狙いたい厩舎なんだよね。


それもあってジャパンカップは最後の1枠に追加したんだが、
得意の東京で最内枠、隣枠のレイデオロはゲートに不安。
終始あんな経済コースを通れれば勝つのも頷ける。


ひとつだけ、事実を述べる。


近年主流の京都大賞典→ジャパンカップローテ。
このローテで好走した馬は有馬記念でどうだったのか?


・レガシーワールド→5着

・ヒシアマゾン→5着

・ナリタトップロード→10着

・タップダンスシチー→8着

・サウンズオブアース→8着

・キタサンブラック→2着


やっぱキタサンブラックってバケモノだわ(笑)


ハッキリ言えることは、シュヴァルグランのメイチは前走。
中山のコーナーを器用に回るイメージは湧かないし、
内枠に先行馬が多いメンバーでこの枠なら外々を回るしかない。
そのレース運びをした場合、連に絡むことすら厳しいだろう。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
シュヴァルグランの名前は入っていない。
そのかわり妙味ある穴馬が載っているよ。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス