2017阪神ジュベナイルフィリーズでの出走馬分析まとめ | ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

今日は何頭かピックアップして分析するよ!


・サヤカチャン

前走には驚かされたが、差し馬が切れを削がれる馬場。
この馬自身、まったく切れないタイプだからなぁ。
外からプレッシャーを受け続ける阪神芝外回りにおいて、
最内枠は決してプラスにはならない。
ここでの逃げ残りは厳しいだろう。


・ラテュロス

てっきり秋山が乗るモンだと思ったが・・・
よほど日曜の騎乗馬に自信があるんだろーか。

東京遠征の前走は馬体を増やしていたのが好材料。
繊細な2歳牝馬は輸送減りするリスクがあるからね。
この条件で2戦の経験値はプラス。
俺は高く評価している1頭だよ。


・マウレア

いかにもディープインパクト牝馬って感じだよな。
馬群を割ってこれる瞬発力も魅力の馬だ。

ただこういうタイプって、東京中山向きなんだよな・・・
間隔が詰まって関西遠征も気になるし、重い印は打てない。
時計面もちょっと物足りないしなぁ。


・リリーノーブル

これ、血統表合っているのか?(笑)
ルーラーシップ×クロフネであんな器用な馬が出るとはな。

特に東京でのパフォーマンスはズバ抜けていた。
俺的にイメージが被るのはアエロリットかな。


・トーセンブレス

サヤカチャンと真逆と捉えていい馬。
つまり、前走は展開が不向きだった。

関西圏への輸送は気がかりではあるが、
加速ラップを差し切った新馬戦はすごかった。
あの馬場が向く可能性は否定できないけど、
ヨシトミ先生がこっちに来るのは意味ありげ。


・ソシアルクラブ

「血統のなせる業」前走はそんな感じだった。
抽選を突破するあたりもこの血統だよな(笑)

直線前が壁になるシーンもあったが、どこまでも伸びそうなフォーム。
外回りに替わるプラスはあれどマイナスはないだろう。
個人的にはこの血統に福永はマッチする思っている。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
上記6頭のどれかの名前があるから確認してほしい。
この枠で、数頭入れ替えている。

ヒューマン馬券師KAIさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス