ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

天皇賞(秋)は自信の勝負レース。

2017天皇賞(秋)の回顧。キタサン勝利のキーマンは田辺だった

 

引退発表のタイミング、当時の馬場、田辺・・・
すべての思惑が合致したボーナスレースだったわけだ。


それを踏まえ、連覇に挑む今回はどうか?


まずは前走を振り返ってみるか。

 

 

出遅れたときは心臓がキュッとしたが、結果的に出遅れは大正解。
ヘタに先行したら大外に誘導される可能性もあったし、
あの日の東京は田辺の位置取りが正解。
それを見越してワザと出遅れたんじゃねーだろーな?(笑)


つまり、


「最高に上手くいった結果の1着」


が俺の見解なんだわ。


仮の話、このメンバーがそのまま有馬記念に出たとする。
そしたら間違いなくキタサンブラックにブッコむ。
たとえ最高に上手くいかなかったとしても、
小回りコースに対する適性がズバ抜けているからだ。
有馬記念を勝ちたいのはオーナーの願いだしな。


もちろんこのレベルの馬だから、ボロ負けは考えにくい。
しかし、叩き3戦目でパフォーマンスを落とすのは周囲の事実。
叩き3戦目で迎えるのはどうしても勝ちたい有馬記念。


事実の積み重ねで考察した結果、
どう考えても有馬記念>ジャパンカップなんだわ。
少なくとも今回、勝つことはないと思うよ。



武豊についても触れておこう。


先週から復帰を果たしたが・・・あれでよかったのか?


乗鞍数を制限していたことは誰もがわかっている。
エージェントもその意向を汲んだとは思うが、
土曜東京で騎乗予定だった2頭が気になるんだわ。


【土曜東京4R】キタサンデイジー(大野商事=北島三郎)
【土曜東京11R】シャルルマーニュ(清水久詞厩舎)


どちらもキタサンブラックと縁深い2頭。
2頭を蹴ってまで乗った日曜2頭があんな結果だからな・・・
ハッキリ言って選択ミスだろう。


で、その日曜2頭。


ジョーストリクトリは清水久詞調教師が
武豊のプライドを保つために用意したと思うが、
問題はエイシンヒカリの全妹エイシンティンクル。
エイシンと武豊の関係性はあるっちゃあるが、
1000万下をウロウロしている馬を選ぶ理由が謎。


俺は仮説を立てた。

「逃げ馬」だから選んだのではないか?



俺はジョッキーじゃないから推測になるが、
騎手にとって一番楽な戦法は「逃げ」だと思う。
タイトな馬群に入れる必要もないしペースを握れる。
体に負担がかからない戦法という見方もできるだろう。


「今週、武豊はどんな馬に何鞍乗るのか?」


キタサンブラックの取捨以上に注目したい。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中に、
キタサンブラックの名前があるか確認してほしい。
それと1頭、新たな馬を追加している。
パンパンの良馬場なら強いだろ、この馬。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ヒューマン馬券師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。