ヒューマン馬券術~人間関係で競馬は勝てる~

競馬の人間関係で生じる思惑を利用して、馬券で勝ってるよ。
競馬は銭の奪い合い。人間関係を読むことで勝ち組への扉は開かれる。
でも簡単に日本人騎手を降ろして外人を乗せる社台は嫌い。


テーマ:

ボタンの掛け違い。


武豊→ムーアの乗り替わりはこの一言に尽きるかな。


事の発端は、武豊が調教で落馬負傷したこと。

あのレベルの騎手にしては珍しいことなんだが、
結果的に懇意にしている「スマート」の馬を
直前で手放すという結果になってしまった。



「あの武豊が・・・」


俺ですらそう思うんだから、
競馬関係者の心中は容易に想像がつくわな。


そうなると、あとは時間との戦いだ。


エアスピネルに乗れない前提で騎手を選ぶ必要がある。
エアスピネルはこのレースで人気間違いなしの馬。
当然より良い騎手を探すのが使命だよな。


ただ、ここはエア×笹田コンビ。


仮に乗り替わりになったとして、
すぐ武豊に戻せる環境を用意したいと考えた。
そしてその答えが「ムーア」だ。

短期免許の騎手なら仮に勝ったとしても降ろす理由になる。
これが日本人騎手とかマイル路線のお手馬がいないデムルメなら
話は変わってくるが・・・


結果的にエアスピネルはムーアになった。

そして今週から復帰可能となった武豊はジョーストリクトリ。
これはキタサンブラックを管理する清水調教師が
最大限の誠意を見せたものだろう。
エア陣営としても「助かった」のが本音じゃねーか?


つまり、だ。


先週武豊が乗れていれば、乗り替わりはなし。

ネオリアリズムが回避していなければ、ムーアもなし。

ジョーストリクトリには春に重賞を勝ったシュタルケがいた。



むしろシュタルケが可哀想な気がするんだが(笑)


長いこと競馬をやっていると、こういうボタンの掛け違いはある。
裏情報の筋からもそういう話を聞くしな。

念のためだけど、不倫騒動と乗り替わりは一切関係ない。
勝てばなんでもいいのが陣営の本音だろう。
じゃなきゃ社台ノーザンの言いなりになって
外人外人外人外人なんて選択はしないって。



エアスピネルについても触れておくか。


この馬、マジで難しい馬だぞ。

2歳からマイル路線を使ったモンだから、
距離延長だとガーッと前に言ってしまうタイプ。
だから神戸新聞杯は折り合い重視の後方待機策。
ペースが厳しかった京都金杯ですら追走は楽だったように、
いまや1400タイプの馬に変貌しつつある。


マルターズアポジー、ウインガニオンがいる今回、
武豊は差す競馬を考えていたはずだ。
ところがムーアとなるとそうはいかない。
去年のネオリアリズムもそうだったが、
前に言って持たす技術は天下一品。
最近あんま天下一品のラーメン食べてないなー。


昨日は注目馬にエアスピネルを入れたんだが、
それは武豊が乗ることが前提の話だ。

ちょっとこの馬の評価は保留かな。
もう少し情報を精査する必要があるだろう。


てなわけで、裏情報で徹底的にマークしている馬
人気ブログランキングに掲載の中から、
いったんエアスピネルの名前を外した。
替わりに追加した馬がいるから、
そっちをチェックしてほしいかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

ヒューマン馬券師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。